下農生がデコレーションケーキ作り

学校・教育

[ 2016年 12月 21日 水曜日 15時26分 ]

思い思いの装飾をする生徒たち

 飯田市鼎名古熊の県立下伊那農業高校で21日、食品化学科の3年生37人がデコレーションケーキの製造実習を行った。事前に焼いたスポンジケーキに生クリームを塗り、各自持ち寄った果物や菓子などを使って自由に装飾した。

 「これまでの学習で培った技術を取り入れながら創意工夫し、1人1つずつのオリジナルケーキをつくり、喜びを感じてほしい」(清水茂子教諭)と、総合実習の授業で行った。

 生徒たちは2年生の時に作った一回り小さなショートケーキの経験も生かしながら、直径21センチ、7号のスポンジケーキをデコレーション。中に果物を入れたり、搾り出し袋で星をかたどったり、クッキーを並べたりと、思い思いのデザインを施した。

 石井真夜さん(18)はミカンやモモ、パイナップルなどの缶詰をいくつも使い、フルーツいっぱいにして「友だちと食べたい」と話した。

 「昨年とは違うものに挑戦したかった」という近藤太郎さん(同)は、生クリームにココアパウダーを加えてチョコレートケーキにし、クルミやミカンで飾った。

 完成すると名前を付けて展示し合い、その後に持ち帰った。

 27日には2年生も直径15センチ、5号のケーキづくりに挑戦する予定。喬木村産のイチゴでデコレーションするという。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

多世代が味わえるものに

2月29日土曜日14:28

「飯田城の紅梅」ほころぶ

2月29日土曜日14:12

臨時休校の方針決める

2月28日金曜日16:11

焼肉と音楽で飯田を熱く

2月28日金曜日16:44

伊那山地「戸中」今夏着工へ

2月27日木曜日15:07

飯田市がコロナウイルス対策本部設置

2月27日木曜日15:13

新型肺炎影響受け「また交流しようね」

2月26日水曜日15:29

県がコロナウイルスで基本方針策定

2月26日水曜日15:23

先輩移住者との交流も

2月25日火曜日15:39

牧野氏が市長選に立候補の意向表明

2月25日火曜日15:33

愛称は「渋谷りんごパーク」

2月24日月曜日14:16

3日間の窯たきまっとう

2月24日月曜日14:34

好例を課題解決の糸口に

2月22日土曜日14:50

「2020」本達成に笑顔咲く

2月22日土曜日14:49

拳銃置き忘れる

2月21日金曜日15:01








記事の検索はこちらから














スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞