下農生らがフェスタに向け花を栽培

学校・教育

[ 2019年 7月 23日 火曜日 15時35分 ]

 31日に始まる「いいだ人形劇フェスタ2019」に向けて、今年も下伊那農業高校生の協力で、飯田市吾妻町の中央公園多目的広場(市民プール跡地)に花を飾る。同校園芸クリエイト科草花科学コースの3年生が、花の栽培を担当。22日には、市公民館主事会とプランターに苗を移し替えた。

 同校と主事会、フェスタ実行委員会パーク部会が合同で取り組み、12年目。同コースの総合実習の一環で、栽培した花を会場に飾っている。

 今年は暑さに強いマリーゴールドを5月から栽培。黄色がかった白色のバニラとイエロー、オレンジの3色を計400ポット育てた。

 この日は、生徒10人と主事会人形劇プロジェクトのメンバー4人が合同で作業。鼎名古熊の同校敷地内にあるハウスで、プランター100個にポットを4つずつ移していった。

 主事会メンバーは生徒からコツを聞きながら作業。それぞれの色を混ぜたもの、同じ色でそろえたものなど、自由に取り合わせてプランターに収め、肥料を与えた。

 生徒の一人(17)は「フェスタに来た人たちに見て喜んでもらい、下農についても知ってもらえたら」と話していた。

 30日には、同コース2年生が多目的広場にプランターを設置。フェスタ期間中の8月4日午後2時から、飾った苗を販売する予定だ。

◎写真説明:下農生と主事会が苗の移し替え

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

臨時休校の方針決める

2月28日金曜日16:11

焼肉と音楽で飯田を熱く

2月28日金曜日16:44

伊那山地「戸中」今夏着工へ

2月27日木曜日15:07

飯田市がコロナウイルス対策本部設置

2月27日木曜日15:13

新型肺炎影響受け「また交流しようね」

2月26日水曜日15:29

県がコロナウイルスで基本方針策定

2月26日水曜日15:23

先輩移住者との交流も

2月25日火曜日15:39

牧野氏が市長選に立候補の意向表明

2月25日火曜日15:33

愛称は「渋谷りんごパーク」

2月24日月曜日14:16

3日間の窯たきまっとう

2月24日月曜日14:34

好例を課題解決の糸口に

2月22日土曜日14:50

「2020」本達成に笑顔咲く

2月22日土曜日14:49

拳銃置き忘れる

2月21日金曜日15:01

「今年も来てね!」と願い込め

2月21日金曜日15:06

「伝える」「伝わる」喜び体感

2月20日木曜日15:30








記事の検索はこちらから














スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞