下農高でシルクスカーフ展

学校・教育

[ 2014年 12月 25日 木曜日 12時32分 ]

 下伊那農業高校アグリサービス科の2年生全員(41人)が家庭総合の授業で制作した絞り染めのシルクスカーフを一堂に並べた作品展が同校2階中央廊下で開かれている。昨年は飯田市上郷黒田のアートハウスで展示したが、ことしは大勢の生徒や保護者に見てもらえるよう懇談会にあわせて展示した。年明け16日まで。

 家庭科の塩澤弘子教諭は「1枚でも見応えがあるが、クラス全体の作品を展示することでお互いの作品が引き立てあって大きな1枚の絵のような仕上がりになっている。一般の方にも見ていただければうれしい」と話している。

 生徒たちは夏に木綿のハンカチで絞る練習をし、11月からシルクスカーフを絞る作業を行って、今月9日に2時間かけて染めた。作品は、シルクスカーフを絞りで模様を出し藍染めにしたもので、一生の思い出になるようハンカチも染めた。

 シルクは色が抜けないように1回目は濃紺に染め、2回目は薄く染める「2度染め」により丁寧に色の濃淡を出している。独自の模様を出すためにシルクを針で縫って色の濃淡に工夫を凝らした「力作」も見られる。

 絞り染めを指導して19年目という教諭は「絞り染めという日本の伝統工芸を生徒たちに学ばせ、つくる喜びを知ってもらいたい。少数教育だからこそ創造的な授業ができる」と話している。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

戦後73年・伝える記憶3 満蒙開拓を歴史たどる 信州総文祭の高校生

8月17日金曜日18:26

戦後73年・伝える記憶2 「悲劇伝えるきっかけに」 水曲柳会が慰霊碑移転

8月17日金曜日17:09

戦後73年・伝える記憶1 「市民の力で支えたい」 満蒙記念館ボラ木村さん

8月17日金曜日17:37

泰阜村 横前村長が初登庁 風通しのいい行政へ決意

8月17日金曜日15:50

故人供養する花火も 時又で第41回灯ろう流し

8月17日金曜日15:08

お盆に大人の第一歩を 下伊那7会場で成人式

8月15日水曜日13:39

阿南町「新野の盆踊り」幕開け 3夜連続踊り明かす

8月15日水曜日13:19

りんご並木周辺で歩行者天国イベント

8月14日火曜日13:01

阿南町で和合の念仏踊り始まる

8月14日火曜日13:03

飯田で国際会議が開幕 人形劇のAVIAMA総会 アジアで初開催

8月11日土曜日14:00

泰阜村 松島村政6期24年に幕 拍手に包まれ笑顔で退任 

8月11日土曜日14:49

総文祭 飯田女子高で人形劇部門開催 人形で巧みに心情表現

8月10日金曜日16:14

「シャルルヴィル・メジェール通り」命名式 飯田市が友好都市30周年記念し

8月10日金曜日15:30

飯田と友好提携30周年 仏シャルルヴィル・メジェール市長が来訪

8月9日木曜日16:52

待望施設の開業祝う 大鹿村道の駅「歌舞伎の里 大鹿」

8月9日木曜日16:48