下農高で県国際教育実績発表会

学校・教育

[ 2015年 1月 26日 月曜日 14時22分 ]

 飯田市鼎名古熊の下伊那農業高校で23日、本年度の長野県国際教育実績発表会があった。県内の農業高校など13校でつくる県国際教育研究協議会(会長・遠山善治同校長)が主催。昨年度から事務局を務める同校で開催した。

 発表会には5校の生徒13人をはじめ審査員や学校関係者など約40人が参加。研究・記録と意見発表の2部に分けて行った。研究・記録発表は、5団体が国際理解・協力についての研究と活動の記録をスライドやビデオなどの視聴覚機器を使って15分の持ち時間で実施。意見発表は、生徒2人が国際関係について考えていることや、国際交流などを通じて考えたことを10分以内をめどに行った。

 同校からは、昨年3月にカンボジアスタディーツアーに7日間参加した3年生の男子生徒2人が研究・記録の部で参加。「カンボジアや世界には、学校に通えない子どもたち、ご飯を食べられない人々が多くいる。日本という恵まれた国で幸せな生活を送れていることに感謝しなければならない」、「外国の文化に触れることで自分自身の視野も広がった。一歩踏み出し、海外に出てみることは大事なことだと思う。1つの考えにとらわれないこと、多くの視点で物を見ること、教育の大切さ、さまざまなことが学べた」と収穫を語った。

 閉会後、事務局担当の教諭は「海外体験することがいろいろな面でこれから役に立ってくると感じた。今後の進路や生き方に影響を受けた体験が多かった。海外でつぶさに見ることが大事なこと。高校生で海外に行けることに意義がある」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

18日に無観客ライブ

7月4日土曜日14:42

被爆アオギリに想い託し

7月4日土曜日13:59

新たな昼の楽しみ提供

7月3日金曜日15:01

ていざなすの出荷始まる

7月3日金曜日15:31

購入希望受け付け始まる

7月2日木曜日16:22

天竜川架橋と日照補償

7月2日木曜日16:37

34人検体採取し全て陰性

7月1日水曜日15:04

餌運ぶ姿に歓声

7月1日水曜日15:21

同じ顔ぶれ一騎打ち

6月30日火曜日15:07

学年超えて自主性育む

6月30日火曜日15:18

「公演楽しみに待って」

6月29日月曜日16:49

千代が誇る自然を体感

6月29日月曜日16:53

「焼肉のおともセット」発売

6月27日土曜日14:18

現新一騎打ちの選挙戦へ

6月27日土曜日14:55

売木村の6宿泊施設がCF開始

6月26日金曜日15:29








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞