下農高の矢澤さんが優秀賞を受賞

学校・教育

[ 2017年 9月 20日 水曜日 15時57分 ]

001shimono

 「和牛の五輪」と呼ばれる第11回全国和牛能力共進会の「家畜審査競技」高校生の部で下伊那農業高校=飯田市鼎名古熊=アグリサービス科2年の矢澤七美さん(17)が優秀賞(5人)を受賞した。生産性などの視点から繁殖和牛を審査し、「目」を競った。最優秀に次ぐ全国2位の成績だった。

 同部門は7日に開かれ、全国の予選を勝ち上がった41人が出場。矢澤さんは7月の県大会で最優秀を受賞し、代表として臨んだ。

 4~6歳の雌牛4頭を対象に、繁殖用途に向けた適正を審査。体格やバランス、毛の密度などを見て、総合や部位ごとの順位付けをした。

 畜産部で副班長を務め、学校の牛舎で世話をしながら目を養った他、本共進会の種牛の部で1等賞に選ばれた喬木村の生産者小山清志さん(60)に指導を求めた。「近年は生産性が審査の基準になっていることや、どこを見て判断すべきかを教えてもらった」。

 総合の順位付けはすべて正解。部位別ではミスがあり、「毛の密度や皮の軟らかさなどの判断が難しかった」と振り返った。

 全国2位の結果に「私が取れるなんて信じられないと思った」と矢澤さん。顧問の塚田真希さん(29)は「5年に1度しかない和牛五輪での受賞は、将来に向けた良い財産」とたたえた。

 将来の夢は「飯田下伊那で畜産を営むこと」。養った「見る目」を生かし、「飼育する群全体の質を高めていけたら」。愛情を込めて育てている小山さんの姿を思い浮かべていた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

猛暑の一騎打ち 阿部、金井候補が舌戦開始 知事選が告示

7月19日木曜日15:41

春草の「鎌倉時代闘牛の図」が市有形文化財に 学生時代に制作

7月19日木曜日15:14

松川町 コスタリカTシャツ作成 中学生が考案

7月18日水曜日15:20

近畿ウオーキング笑会、信濃比叡広拯院に500選達成旗を奉納

7月18日水曜日15:54

阿南町で化石発掘体験イベント

7月17日火曜日15:21

飯田の焼き肉を東京から発信 新宿にオープンした飯田屋好評

7月17日火曜日15:09

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34