下農高生がデコレーションケーキ作り、卒業記念に創意工夫を

学校・教育

[ 2014年 12月 23日 火曜日 11時03分 ]

下農高ケーキ作り 飯田市鼎名古熊の下伊那農業高校で22日、食品化学科の3年生38人がデコレーションケーキの製造実習を行った。事前に焼いたスポンジに自由にデコレーションをし、創意工夫したデコレーションケーキを1人1つずつ作った。

 

 小麦粉の製造の一環で、今回は薄力粉を使い、7号(21センチ)のケーキを作った。生徒たちはスポンジを半分に切り、生クリームを泡立ててスポンジの間に塗ってからイチゴ(喬木産)やミカン、モモ、砂糖のサンタクロースなどの材料をはさんだ。生クリームを泡立てるのに力がいるため大変だという。

 

 この後、切ったスポンジを焼き、色が付いた方を下にして乗せ、切り口にブランディーを塗った。仕上げは絞り袋に口金を入れ、生クリームを入れてデコレーションした。

 

 顧問の教諭は「ブランディーに砂糖を入れて塗るとクリームが染み込まずしっとりとして香りがいい」と説明。「口金はいろんな形のものを相談して作っておくとバリエーションが広がる」と生徒たちに助言した。

 

 食品化学科では、2年生はイチゴと生クリームのみ使用し5号のデコレーションケーキを作る。3年生は自分が持参した材料を使用したオリジナルケーキを作れる。教諭は「3年生は卒業記念の作品としていいものを作ってほしい。自分たちで考えているので、見るのが楽しみ」と話した。

 

 生徒会の副会長を務める生徒(18)は「インパクトの大きなものを作りたい。2回目なのでクオリティの高いものを考えている」と気合いが入った様子。友だちと家族にプレゼントできるよう、5号のデコレーションケーキを2つ作った。

 

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        


南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu



記事の検索はこちらから







webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事