下農高生がデコレーションケーキ作り 卒業記念に創意工夫し

学校・教育

[ 2014年 12月 23日 火曜日 11時03分 ]

 飯田市鼎名古熊の下伊那農業高校で22日、食品化学科の3年生38人がデコレーションケーキの製造実習を行った。事前に焼いたスポンジに自由にデコレーションをし、創意工夫したデコレーションケーキを1人1つずつ作った。

 小麦粉の製造の一環で、今回は薄力粉を使い、7号(21センチ)のケーキを作った。生徒たちはスポンジを半分に切り、生クリームを泡立ててスポンジの間に塗ってからイチゴ(喬木産)やミカン、モモ、砂糖のサンタクロースなどの材料をはさんだ。生クリームを泡立てるのに力がいるため大変だという。

 この後、切ったスポンジを焼き、色が付いた方を下にして乗せ、切り口にブランディーを塗った。仕上げは絞り袋に口金を入れ、生クリームを入れてデコレーションした。

 顧問の教諭は「ブランディーに砂糖を入れて塗るとクリームが染み込まずしっとりとして香りがいい」と説明。「口金はいろんな形のものを相談して作っておくとバリエーションが広がる」と生徒たちに助言した。

 食品化学科では、2年生はイチゴと生クリームのみ使用し5号のデコレーションケーキを作る。3年生は自分が持参した材料を使用したオリジナルケーキを作れる。教諭は「3年生は卒業記念の作品としていいものを作ってほしい。自分たちで考えているので、見るのが楽しみ」と話した。

 生徒会の副会長を務める生徒(18)は「インパクトの大きなものを作りたい。2回目なのでクオリティの高いものを考えている」と気合いが入った様子。友だちと家族にプレゼントできるよう、5号のデコレーションケーキを2つ作った。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

新型肺炎影響受け「また交流しようね」

2月26日水曜日15:29

県がコロナウイルスで基本方針策定

2月26日水曜日15:23

先輩移住者との交流も

2月25日火曜日15:39

牧野氏が市長選に立候補の意向表明

2月25日火曜日15:33

愛称は「渋谷りんごパーク」

2月24日月曜日14:16

3日間の窯たきまっとう

2月24日月曜日14:34

好例を課題解決の糸口に

2月22日土曜日14:50

「2020」本達成に笑顔咲く

2月22日土曜日14:49

拳銃置き忘れる

2月21日金曜日15:01

「今年も来てね!」と願い込め

2月21日金曜日15:06

「伝える」「伝わる」喜び体感

2月20日木曜日15:30

「天龍峡大橋」パズルに

2月20日木曜日15:54

農泊事業に新たな風を

2月19日水曜日15:12

はんてん贈り続けて30年

2月19日水曜日15:47

保護者の率直な思い聞く

2月18日火曜日15:38








記事の検索はこちらから














スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞