下農高食農科学コース生徒がアジのさばき方学ぶ

学校・教育

[ 2014年 6月 28日 土曜日 11時49分 ]

 下伊那農業高校アグリサービス科3年の食農科学コースの生徒(24人)が27日、家庭科の「地域文化」の授業で飯伊調理師会の講師6人から魚の調理技術を学んだ。業者から1人2尾ずつ提供されたアジを使って魚のおろし方や串の打ち方などの指導を受けた。

 講師を務めたのは、いずれも同調理師会の技能指導部に所属する県の指導員6人。

 指導員は「ただ魚をおろすばかりでなく、焼く時に魚が泳いでいるように皿に盛る技術を教えてもらえる機会はめったにない」と意義を指摘。「骨抜きの魚が出回っているが、骨にはカルシウムという重要な栄養分が含まれているので、骨を抜いてしまうと骨が弱くなり折れたりする。皆さんの力で骨の付いた魚料理を広めて」と期待を寄せた。

 生徒たちは6つの班に分かれ、アジをさばいて串の打ち方を教わった後、香草パン粉焼きと刺身にして昼食で味わった。業者から提供されたアルプスサーモンもサラダにのせて食べた。調理師を目指す男子生徒(17)は「魚の内臓を取り出すのは初めて。実際にやってみると簡単で怖がることはない」、女子生徒の一人は「体験したことがなかったので難しかった。魚のさばき方を覚えて将来1つでも多くやってみたい」と意欲的だった。

 家庭科担当の教諭は「魚料理を学ぶ機会はなかなかないので、貴重な体験ができてありがたい。魚の扱い方を学んで地域に魚料理を広めたい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

北部5町村でワクチン接種券配布

4月21日水曜日15:09

春の星空を堪能

4月21日水曜日15:35

1人超過の激戦始まる

4月20日火曜日16:35

接種券の発送始まる

4月20日火曜日16:26

コロナ禍の舌戦始まる

4月19日月曜日15:49

新造船「布袋丸」が完成

4月19日月曜日15:07

天龍村議選20日告示

4月17日土曜日14:27

ライトアップで街道彩る

4月17日土曜日14:59

3人落ちの選挙戦へ

4月16日金曜日15:50

甘酒入り食パンを開発

4月16日金曜日15:09

将来の担い手に魅力伝える

4月15日木曜日15:46

旬の味覚を味わって

4月15日木曜日15:45

楽しみ共有できる場に

4月14日水曜日15:35

集団接種5月14日から

4月14日水曜日15:15

三位一体 魂吹き込む

4月13日火曜日16:41










記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞