中高生や短大生が「あそびの広場」

学校・教育

[ 2012年 9月 25日 火曜日 15時20分 ]

 飯田市松尾代田の飯田女子短期大学(高松信英学長)は23日、「あそびの広場」を同短大地域響流館で開いた。親子14組・30人が訪れ、中学・高校生や短大生とさまざまな遊びを通して交流を深めた。

 独立行政法人国立青少年教育振興機構の子どもゆめ基金の助成を受け、初めて実施。少子化が進み、日頃接点のない異年齢の子どもたちが、遊びを通して社会性を身に付ける機会とすることがねらい。公募で募った飯田下伊那地域の中高生と、幼児教育学科の短大生計40人が、さまざまな遊びのコーナーを企画した。

 トンネルくぐりや輪っかとびなどの体を使った遊びや、草花を使う遊び、工作、伝承遊び、スタンプラリーなど。生徒や学生たちは6月から研修を行い、遊び方の種類や方法などを学んで準備を進めてきた。

 この日は、未就学児から小学3年生までの子どもと保護者が参加。折り紙を折ったり、ブンブンゴマを回して遊んだり。ブーメランや紙飛行機を飛ばしたり。子どもたちは次々と各コーナーを回り、生徒や学生と一緒にたくさんの遊びを楽しんでいた。

 幼児教育学科1年の女子生徒は「何をして遊ぶか考えるのが大変だった。子どもたちが積極的に遊んで楽しんでくれたのでうれしい。逆に遊び方を教えられることもあった」と笑顔。

 飯田女子高校3年の生徒(18)は「将来、幼児教育に進みたくて参加した。きょうは子どもたちと一緒に遊んで楽しかった。事前の研修ではいろんな遊び方を教えてもらい、勉強になった」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

「実りゆく」を見に行こう

9月21日月曜日13:59

森林で伐採の見学も

9月21日月曜日13:00

10月から抗原検査開始

9月19日土曜日13:28

コロナ禍でも元気な姿

9月19日土曜日13:52

昼神の宿泊状況「回復傾向」

9月18日金曜日16:48

規模縮小し地域つなぐ

9月18日金曜日16:56

マニフェスト読み比べ

9月17日木曜日15:43

地元の映画を盛り上げよう

9月17日木曜日15:53

かごいっぱいの栗に笑顔

9月16日水曜日15:36

「シャイン」狩り開始へ

9月16日水曜日15:26

店の前での飲食可能に

9月15日火曜日15:06

「贈り物」が山麓彩る

9月15日火曜日15:34

エールの街で老舗探訪/ロケ地訪問も/ヤマサちくわが飯伊在住者を特別優待

9月13日日曜日16:33

都内の高校と連携協定へ

9月12日土曜日13:33

繭づくり目指し大切に

9月12日土曜日13:58








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞