中高生や短大生が「あそびの広場」

学校・教育

[ 2012年 9月 25日 火曜日 15時20分 ]

 飯田市松尾代田の飯田女子短期大学(高松信英学長)は23日、「あそびの広場」を同短大地域響流館で開いた。親子14組・30人が訪れ、中学・高校生や短大生とさまざまな遊びを通して交流を深めた。

 独立行政法人国立青少年教育振興機構の子どもゆめ基金の助成を受け、初めて実施。少子化が進み、日頃接点のない異年齢の子どもたちが、遊びを通して社会性を身に付ける機会とすることがねらい。公募で募った飯田下伊那地域の中高生と、幼児教育学科の短大生計40人が、さまざまな遊びのコーナーを企画した。

 トンネルくぐりや輪っかとびなどの体を使った遊びや、草花を使う遊び、工作、伝承遊び、スタンプラリーなど。生徒や学生たちは6月から研修を行い、遊び方の種類や方法などを学んで準備を進めてきた。

 この日は、未就学児から小学3年生までの子どもと保護者が参加。折り紙を折ったり、ブンブンゴマを回して遊んだり。ブーメランや紙飛行機を飛ばしたり。子どもたちは次々と各コーナーを回り、生徒や学生と一緒にたくさんの遊びを楽しんでいた。

 幼児教育学科1年の女子生徒は「何をして遊ぶか考えるのが大変だった。子どもたちが積極的に遊んで楽しんでくれたのでうれしい。逆に遊び方を教えられることもあった」と笑顔。

 飯田女子高校3年の生徒(18)は「将来、幼児教育に進みたくて参加した。きょうは子どもたちと一緒に遊んで楽しかった。事前の研修ではいろんな遊び方を教えてもらい、勉強になった」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

西下トンネルが開通 松川インター大鹿線 リニア関連で新設、完成祝う

12月15日土曜日15:31

ウィルタネン彗星最接近 昴と競演 

12月15日土曜日15:42

年賀状の投かん始まる 園児は大好きな動物宛てに

12月15日土曜日15:41

先進事例に自社を見つめる ネスク―イイダが新製品・新事業の報告会

12月14日金曜日15:29

源助かぶ菜の漬物販売 生産復活させた大根も提供 泰阜村

12月14日金曜日15:25

仮橋完成で通行止め解除へ 天龍―豊根の県道 土砂崩落から2年ぶり

12月13日木曜日15:10

下農生 伝統のおせち料理に挑戦 7品を調理し重箱へ

12月13日木曜日15:57

南海トラフ地震 3ケースで防災対応 M8で沿岸は連動警戒避難

12月12日水曜日15:04

ノロウイルスが原因 保育園の集団欠席 飯田市

12月12日水曜日15:00

中央道飯田山本―園原間でチェーン義務化 大雪時

12月11日火曜日16:04

星降る夜空と空間演出 冬のナイトツアー始まる 阿智村

12月11日火曜日15:14

20カ国の文化や食通じて 飯田国際交流の夕べ

12月11日火曜日15:37

特産品をギュッと箱詰め 「あなん便冬期」出荷始まる

12月8日土曜日14:09

時計塔の「ぽぉ」が変身 飯田市街地でクリスマス企画 

12月8日土曜日14:16

けん引式車椅子を体験 阿智高地域政策コース ユニバーサルツーリズム

12月8日土曜日14:19