丸山小5年生が五平餅づくり

学校・教育

[ 2015年 5月 23日 土曜日 8時23分 ]

 飯田市立丸山小学校の5年生(3クラス93人)は21日、同市丸山町の女性有志でつくる「いろりばたの会」(中田道子代表)に指導を受けながら、五平餅づくりに挑戦した。

 6月の臨海学習で、愛知県刈谷市の伊勢湾岸道刈谷ハイウェイオアシスにおいて五平餅のPRを計画する児童ら。これまで、総合学習(ふるさと学習)の授業で、歴史や形やタレの種類、つくり方などについて勉強を重ねてきた。この日は、五平餅の魅力をより具体的に伝えられるようにと、同会協力の下、実際につくり、その味を確認した。

 同会が用意したご飯をつぶして小さな丸い形に整え、2個ずつ串に刺した児童ら。火にかけ焼き色をつけると、みそとクルミとゴマで作った特製のタレをつけ、アツアツでほお張ると「おいしい」と笑顔で声をそろえた。

 同会の中田代表は「五平餅を飯田の名物としてPRしてくれることをうれしく思う。もち米など使わずに、いつも食べているご飯で簡単にできるので、作り方を覚えて家でも作ってもらいたい。今後も地域の伝統食として、五平餅が伝わっていけば」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

伝統の柚餅子継承へ

12月1日火曜日15:21

8万球が冬夜を彩る

12月1日火曜日15:41

創作神楽でコロナばらい

11月30日月曜日16:20

誇れる文化を毎年発信

11月30日月曜日16:09

県内駅の構造物明らかに

11月28日土曜日14:40

災害想定し避難所開設

11月28日土曜日14:10

シトラスリボンに賛同を

11月27日金曜日15:09

全町民対象に検査補助へ

11月27日金曜日15:00

適切な除雪で交通確保

11月26日木曜日16:50

働く先輩の声に夢膨らむ

11月26日木曜日16:08

12月13日に旗揚げ公演

11月25日水曜日15:14

開かれた場で議論「大切に」

11月25日水曜日15:30

新店舗の詳細検討へ協定

11月24日火曜日15:10

新野の雪祭り 21年は中止

11月24日火曜日15:46

地域を豊かにする地産地消を

11月23日月曜日13:21








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞