丸山小6年生の給食で「キャラ弁」提供

学校・教育

[ 2014年 3月 13日 木曜日 9時34分 ]

 飯田市学校給食丸山共同調理場は12日、丸山小学校の6年生の給食で、卒業を祝う「キャラ弁そぼろご飯」を提供した。クラスに配食するご飯缶のご飯の上に、飯田人形劇フェスタのマスコットキャラでりんご並木の妖精「ぽぉ」を描写。巣立ち行く児童を祝う気持ちを込めて作った、普段とは一味違う給食で児童らを楽しませた。

 卒業生へのキャラ弁は、ことし初めて実施。5日には浜井場、追手町、座光寺小の6年生に提供したほか、17日には飯田東中、西中の3年生にも提供する。担当栄養士の女性は「卒業を前に、給食での思い出をつくることができればと企画した。食べる楽しみを感じてもらえればうれしい」と話す。

 「ぽぉ」の絵は、ひき肉と卵を中心に、目や眉をゴマで、頭に乗せたリンゴと口はニンジンを使って表現。背景には小松菜を用いた。提供するにあたり、絵の下地になる型枠を作製し、2回ほど練習をしたという。

 この日、ご飯缶のふたを開け「ぽぉ」と対面した児童らは「わぁ!」と歓声。拍手をしながら「すごい」「かわいい」と笑顔で口をそろえた。

 栄養士から「おいしく食べるにはしっかり混ぜて」と声を掛けられると、「もったいない」と名残惜しい様子。それでも、お皿に盛られた「混ぜご飯」を味わうと、「おいしい」と再び笑顔を見せていた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

新型肺炎影響受け「また交流しようね」

2月26日水曜日15:29

県がコロナウイルスで基本方針策定

2月26日水曜日15:23

先輩移住者との交流も

2月25日火曜日15:39

牧野氏が市長選に立候補の意向表明

2月25日火曜日15:33

愛称は「渋谷りんごパーク」

2月24日月曜日14:16

3日間の窯たきまっとう

2月24日月曜日14:34

好例を課題解決の糸口に

2月22日土曜日14:50

「2020」本達成に笑顔咲く

2月22日土曜日14:49

拳銃置き忘れる

2月21日金曜日15:01

「今年も来てね!」と願い込め

2月21日金曜日15:06

「伝える」「伝わる」喜び体感

2月20日木曜日15:30

「天龍峡大橋」パズルに

2月20日木曜日15:54

農泊事業に新たな風を

2月19日水曜日15:12

はんてん贈り続けて30年

2月19日水曜日15:47

保護者の率直な思い聞く

2月18日火曜日15:38








記事の検索はこちらから














スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞