人形劇フェスタに向け下農生が定植作業

学校・教育

[ 2017年 7月 1日 土曜日 14時11分 ]

001simono

 8月1―6日に開催される「いいだ人形劇フェスタ2017」に向けて、ことしも下伊那農業高校生の協力で、飯田市中央通りの中央公園に花を飾る。同校園芸クリエイト科の3年生10人が花の栽培やレイアウトを担当しており、6月30日にはプランターへの定植作業を行った。

 同校とフェスタ実行委員会、市公民館が合同で取り組み、10年目。園芸クリエイト科3年生のうち、総合実習で草花を専攻する生徒が授業の一環として行っている。

 昨年まで、吾妻町の市民プール跡地でフェスタをイメージした花壇作りを行っていたが、ことしはメインステージが設けられる同公園の会場内を花で装飾することに。

 ベゴニアやサルビア、マリーゴールドなど7種類の花約700本をプランターに植え、公園ゲート横の砂場周辺などに設置する。

 この日は、花の苗をプランターに定植。4、5本ずつ並べて土を入れ、順番にビニールハウスに運んでいき、プランター130個をずらりと並べた。

 公園では、子どもたちに喜んでもらえるようなレイアウトにしようと、虹をイメージしてプランターを設置。ゲート横の動物のオブジェを中心に、7種類の花を放射状に並べる予定だ。

 菅沼李穂さん(17)と福澤心さん(18)は「現地に行って確認しながら、皆でイメージや並べ方を考えた。来場した人たちに楽しんでもらえたら」と話している。

 今後はハウスの中で花を育て、8月2日に設置。プランターはフェスタ終了後、生徒のメッセージを添えて市内の福祉施設や保育園などに贈る予定。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34

人形劇のまち40年① 地元に密着した祭典を フェスタ実行委員長の原田雅弘さん

7月11日水曜日16:37

売木村 村制70周年で記念式典 原風景残し発展誓う

7月11日水曜日15:52

収穫、出荷が本格化 天龍村のていざなす

7月11日水曜日15:26

100回目の夏が幕開け 飯伊球児も堂々と行進 高校野球長野大会

7月10日火曜日15:24

待望の打ち上げに歓声 冨士山稲荷神社の「むぎわら祭り」

7月10日火曜日15:12

甘み十分、ピンク色に 豊丘村で桃狩り始まる

7月7日土曜日14:15