人形劇フェスタに向け下農生が定植作業

学校・教育

[ 2017年 7月 1日 土曜日 14時11分 ]

001simono

 8月1―6日に開催される「いいだ人形劇フェスタ2017」に向けて、ことしも下伊那農業高校生の協力で、飯田市中央通りの中央公園に花を飾る。同校園芸クリエイト科の3年生10人が花の栽培やレイアウトを担当しており、6月30日にはプランターへの定植作業を行った。

 同校とフェスタ実行委員会、市公民館が合同で取り組み、10年目。園芸クリエイト科3年生のうち、総合実習で草花を専攻する生徒が授業の一環として行っている。

 昨年まで、吾妻町の市民プール跡地でフェスタをイメージした花壇作りを行っていたが、ことしはメインステージが設けられる同公園の会場内を花で装飾することに。

 ベゴニアやサルビア、マリーゴールドなど7種類の花約700本をプランターに植え、公園ゲート横の砂場周辺などに設置する。

 この日は、花の苗をプランターに定植。4、5本ずつ並べて土を入れ、順番にビニールハウスに運んでいき、プランター130個をずらりと並べた。

 公園では、子どもたちに喜んでもらえるようなレイアウトにしようと、虹をイメージしてプランターを設置。ゲート横の動物のオブジェを中心に、7種類の花を放射状に並べる予定だ。

 菅沼李穂さん(17)と福澤心さん(18)は「現地に行って確認しながら、皆でイメージや並べ方を考えた。来場した人たちに楽しんでもらえたら」と話している。

 今後はハウスの中で花を育て、8月2日に設置。プランターはフェスタ終了後、生徒のメッセージを添えて市内の福祉施設や保育園などに贈る予定。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        


南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu







webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事
南信州飯田観光ガイド2016秋・冬号