仕事のやりがいや魅力学ぶ

学校・教育

[ 2020年 10月 10日 土曜日 13時27分 ]

 飯田市龍江の竜東中学校は9日、「竜東キャリアフェス」を同校で開いた。1年生と2年生の38人が参加。地元で働く6業種8人を招き、「働く」ことの楽しさや魅力、やりがいについて話を聞き、これからの生き方を考えた。

 今年は新型コロナウイルスの影響で2年生の職業体験が中止となり、代わりとして初めて開催。ふれあい農園おおた(同市千栄)、岡本養豚(同市千代)、飯田市立病院、千代・龍江警察官駐在所、マルヒ(精密機器メーカー、同市桐林)、上久堅保育園、飯田市子育て支援課が参加。生徒は6つのブースを回り、仕事の内容を聞き、質問をして理解を深めた。

 このうち、マルヒは同校出身の後藤大治社長が会社の沿革や開発製品を説明。モーターを主に製造していたが、リーマンショックで岐路に立たされ、会社を下請けから開発型企業に変えた。「何もないところから技術を磨いて商品を生み出していった」とし、「想像したものを形にしていくのが、ものづくりのモチベーション。チャレンジの精神で人生に取り組んでほしい」と呼び掛けた。

 ふれあい農園おおたの太田いく子さんは農家民泊での生徒との体験談を話し、牛舎で鼻をつまんでいた生徒が、牛のお産に立ち会ったことで帰る時の表情が変わっていたエピソードを紹介。「一生懸命やれば、やっただけ結果が出る」と農業の魅力を語った。

 2年の女子生徒(14)は「話を聞いて、人と関わり、協力して物事を進めていくために、コミュニケーションが大切なんだと感じた。将来は自分の特技を生かした職業に就きたい」と話した。

 野竹国雄教頭は「皆さんが苦しいことも経験し、やりがいを見つけている。今経験していることが将来につながるので一生懸命取り組んでほしい」と呼び掛けた。

◎写真説明:ブースで説明を聞く生徒

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

1人超過の激戦始まる

4月20日火曜日16:35

接種券の発送始まる

4月20日火曜日16:26

コロナ禍の舌戦始まる

4月19日月曜日15:49

新造船「布袋丸」が完成

4月19日月曜日15:07

天龍村議選20日告示

4月17日土曜日14:27

ライトアップで街道彩る

4月17日土曜日14:59

3人落ちの選挙戦へ

4月16日金曜日15:50

甘酒入り食パンを開発

4月16日金曜日15:09

将来の担い手に魅力伝える

4月15日木曜日15:46

旬の味覚を味わって

4月15日木曜日15:45

楽しみ共有できる場に

4月14日水曜日15:35

集団接種5月14日から

4月14日水曜日15:15

三位一体 魂吹き込む

4月13日火曜日16:41

定数3超の26派が出席

4月13日火曜日16:18

27人予定、4人落ちの激戦に

4月10日土曜日13:25










記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞