伊賀良小学校でリンゴの収穫祭開く

学校・教育

[ 2018年 12月 4日 火曜日 15時43分 ]

金管バンドの演奏でリンゴ収穫祝う

 国道153号アップルロードと中央道飯田インターチェンジ内のリンゴの収穫祭が3日、飯田市立伊賀良小学校で開かれた。児童900人余と地元の愛護会、国土交通省飯田国道事務所やネクスコ中日本など関係者が参加。金管バンドの演奏などを通じ、地域の皆で育てたおいしいリンゴの収穫に感謝した。

 今年も2月のせん定から12回の消毒、2回の摘果作業を行い、4~6年生も3回の草取りを行った。今年は台風で数本の木が倒れるなどしたが、11月27日の収穫作業では約3000個が収穫でき、児童が1人2個ずつを持ち帰った。

 アップルロードいいだ愛護会長の今牧英明・伊賀良まちづくり協議会長は、リンゴの苗木を植えてから31年、27回目を迎える収穫祭の歩みを振り返り「アップルロードのリンゴが、市街地のりんご並木のように有名になってほしい」と願った。

 飯田国道事務所の上原繁一副所長とネクスコ中日本飯田保全・サービスセンターの藤岡一頼所長のあいさつに続き、伊賀良小金管バンドが「サンタクロースがやってくる」を演奏した。

 児童の報告のうち、6年の木下ひなたさん(11)は「私たちは少し草取りをしただけだけど、蜜の入ったおいしいリンゴができたのは地域の皆さんが大切に育ててくれたおかげ。通るたびに伊賀良にリンゴがあることを感じたい」と話した。また、6年の木下源都君(12)は「収穫作業では丁寧に取り方を教えてくれてありがとう」と感謝した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

食を通して村を知る

5月30日土曜日13:12

自粛の市民活動再開へ

5月30日土曜日13:03

下條産リンゴ使ってます

5月29日金曜日15:46

伴野運動公園リニューアル

5月29日金曜日15:29

手摘みの茶で遠山郷PR

5月28日木曜日15:33

「中心市街は回復遅い」

5月28日木曜日15:31

車上検査の実演を公開

5月27日水曜日15:40

実付き良好 笑顔広がる

5月27日水曜日15:22

天龍中で待望の「泳ぎ初め」

5月26日火曜日15:50

地域の貴重な植物守ろう

5月26日火曜日15:42

小中学校が「一斉登校」再開

5月25日月曜日15:43

「外来・検査センター」開設

5月25日月曜日15:38

飯伊でもマスク需要変化

5月23日土曜日14:17

平谷シニアも作業

5月23日土曜日13:55

音楽文化どう守るか

5月22日金曜日15:50








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞