伝統の郷土食を体験 平谷で朴葉餅作り

学校・教育

[ 2018年 6月 14日 木曜日 16時53分 ]

朴葉餅を作る子供たち
 平谷村公民館は13日、郷土食の朴(ほお)葉餅作りの体験教室を開いた。小学生や保育園児ら21人が参加し、地域の女性たちから伝統のお菓子作りを教わった。
 木曽谷や伊那谷の朴葉巻き、朴葉餅は端午の節句の行事食として親しまれる。県選択無形民俗文化財になっており、平谷村も伝承地の一つ。子どもたちに伝統文化を伝えようと、元食生活改善推進員のメンバーでつくる女性グループ「平谷村食の会」(襖田恵美子代表)の協力で毎年開催している。
 集まった子供たちは、朴の葉を拭いたり、米粉を餅にしたりと作業を体験。餅は白砂糖と黒砂糖を用意し、白黒の2種類の餅にした。
 餅は食べやすい大きさに分けて小判状にすると、朴の葉で包んでわらで結び、せいろで蒸した。毎年の活動のため上級生は慣れた手つきで葉をくるむと、低学年や保育園児にも教えた。
 平谷小6年の男子児童(11)は「毎年やっているからだんだん分かるようになってきた。甘くて少し朴葉の香りがするのでおいしい」と笑顔を見せた。食の会の宮澤カヨコさん(81)は「昔からずっと作ってきたものを子供たちに伝えていきたい」と話した。
  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

高温で良質な竹炭を

1月28日木曜日15:53

不満の声「市政に反映を」

1月28日木曜日15:30

町の魅力をVRで発信

1月27日水曜日15:40

個人消費の喚起策を

1月27日水曜日15:35

地元業者から提案も

1月26日火曜日15:34

西洋料理を気軽に

1月26日火曜日15:23

352人分採取し「全て陰性」

1月25日月曜日16:13

10年の歩み振り返り展望

1月25日月曜日15:50

対話重視し新たな村政へ

1月25日月曜日14:23

弓道クが全国で5位に

1月23日土曜日13:14

職員と村民に感謝

1月23日土曜日13:37

特産「竜峡小梅」が開花

1月22日金曜日15:42

仮設道路の通行「大丈夫」

1月22日金曜日15:23

高齢者の感染拡大懸念

1月21日木曜日15:51

集中できる学習の場を

1月21日木曜日15:43








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞