保育士目指す中高生対象にあそびの広場開く

学校・教育

[ 2012年 6月 28日 木曜日 9時03分 ]

あそびの広場 飯田市松尾代田の飯田女子短期大学地域響流館「わいわいひろば」でこのほど、中学生と高校生を対象にした「あそびの広場」がスタートした。保育士を目指す中高生を対象に募集したところ、約60人が参加。8月まで3回にわたり名人から遊びを学び、9月の本番で小さな子どもたちに遊びを教えたり一緒に遊んだりする。

 

 独立行政法人国立青少年教育振興機構の子どもゆめ基金の助成金を受けて本年度初めて企画。短大生と一緒に楽しいあそびの広場をつくり出す。第1回は、劇団なんじゃもんじゃ俳優の西尾夏子さんを講師に迎え、ウオーミングアップで心身をほぐした後、短い劇をつくり発表した。

 

 最初は緊張気味だった男子生徒も、西尾さんと一緒に「十五夜のもちつき」などをして手足を動かすうちに笑顔が見られるようになり、劇やことば遊びに熱中。西尾さんは「表現豊かな子は体からオーラが発するようになる」と話した。

 

 同短期大学幼児教育学科の准教授は「9月23日のあそびの広場に小さなこどもたちを招待してみんなでいろいろな遊びをしたい。第1回(6月23日)と第2回(7月21日)は講習で表現や伝承あそびを学び、第3回(8月6日)で小さな子どもたちへの遊びを考えたり作ったりする。人形劇フェスタにも参加する。ねらいは異年齢交流」と説明した。第2回は、日本お手玉の会理事を講師に招き、お手玉遊びを学ぶ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

村の和牛味わって

8月8日土曜日13:31

土砂崩落箇所をヘリで確認

8月8日土曜日13:54

主題歌にグリムスパンキー

8月7日金曜日15:14

リニア駅新設の手続き開始へ

8月7日金曜日15:17

22年春オープンへ整備

8月6日木曜日15:31

劇場型機能を集約

8月6日木曜日15:56

「小中併設校」化を答申へ

8月5日水曜日15:11

「次郎長貨幣」8日発売

8月5日水曜日15:47

名場面がスタンプに

8月4日火曜日15:21

子ヤギ30頭の競りに沸く

8月4日火曜日15:57

御用聞き事業本格スタート

8月3日月曜日16:47

飯田市で販売始まる

8月3日月曜日16:14

学生主導で魅力伝える

8月1日土曜日13:33

「適正な森林管理の継続を」

8月1日土曜日13:37

古墳文化に親しんで

7月31日金曜日15:03








記事の検索はこちらから















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞