保育士目指す中高生対象にあそびの広場開く

学校・教育

[ 2012年 6月 28日 木曜日 9時03分 ]

あそびの広場 飯田市松尾代田の飯田女子短期大学地域響流館「わいわいひろば」でこのほど、中学生と高校生を対象にした「あそびの広場」がスタートした。保育士を目指す中高生を対象に募集したところ、約60人が参加。8月まで3回にわたり名人から遊びを学び、9月の本番で小さな子どもたちに遊びを教えたり一緒に遊んだりする。

 

 独立行政法人国立青少年教育振興機構の子どもゆめ基金の助成金を受けて本年度初めて企画。短大生と一緒に楽しいあそびの広場をつくり出す。第1回は、劇団なんじゃもんじゃ俳優の西尾夏子さんを講師に迎え、ウオーミングアップで心身をほぐした後、短い劇をつくり発表した。

 

 最初は緊張気味だった男子生徒も、西尾さんと一緒に「十五夜のもちつき」などをして手足を動かすうちに笑顔が見られるようになり、劇やことば遊びに熱中。西尾さんは「表現豊かな子は体からオーラが発するようになる」と話した。

 

 同短期大学幼児教育学科の准教授は「9月23日のあそびの広場に小さなこどもたちを招待してみんなでいろいろな遊びをしたい。第1回(6月23日)と第2回(7月21日)は講習で表現や伝承あそびを学び、第3回(8月6日)で小さな子どもたちへの遊びを考えたり作ったりする。人形劇フェスタにも参加する。ねらいは異年齢交流」と説明した。第2回は、日本お手玉の会理事を講師に招き、お手玉遊びを学ぶ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

晴天の下大にぎわい

10月26日月曜日15:33

三菱重工業がスペースジェット凍結へ

10月26日月曜日15:31

コロナ禍で修学旅行増

10月24日土曜日13:16

5カ国の醸造所とコラボ

10月24日土曜日13:42

間伐材利用で「布」作り

10月23日金曜日15:48

歴史や文化学び絆つくる

10月23日金曜日15:59

安全安心な観光アピール

10月22日木曜日15:31

3年上田さんが県大会優勝

10月22日木曜日15:21

「災害時にどう手助けする」

10月21日水曜日15:43

永嶺氏が無投票で再選

10月21日水曜日15:45

「対話と現場主義貫く」

10月20日火曜日15:17

デザイン一新、乗り心地を向上

10月20日火曜日15:23

飯田市長に新人佐藤氏

10月19日月曜日1:59

「16年の支えに感謝」

10月19日月曜日0:39

「これからが本当の戦い」

10月19日月曜日0:28








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞