働き方と生きがい学ぶ

学校・教育

[ 2020年 9月 3日 木曜日 15時11分 ]

 松川町の松川中学校は2、3の両日、町内計26事業所を招いて「しごと未来フェア」を開催した。2年生113人が町内の企業や団体の取り組み、消防団や映画「実りゆく」など町づくりの活動を学んだ。

 昨年度は高森と松川両町の共同事業として実施。本年度は下伊那北部地域連携による開催を企画したが、新型コロナウイルスの影響で中止になった。

 夏休みの職場体験も実施できなかったことから、感染防止策をとりながら開催できる形を模索。学校運営委員会地域コーディネーターの名子晃さんの働きかけにより、多くの事業所が参加を申し出て2日間に分けて開いた。

 体育館内には観光農園や製造業、商店、建築業者、医療機関などのブースが並んだ。仕事内容の紹介だけでなく、体験の提供もあり、生徒たちは興味ある分野を選びながら2日間で計8カ所を巡った。

 2年の男子生徒(13)は「地元にこんなに立派な企業があるなんて知らなかった」。女子生徒の一人(同)は「いろいろな方の話が聞けて自分の世界が広がった」と話した。

 今回は、営利活動を行わない町消防団や町を舞台にした映画「実りゆく」で地域を盛り上げようとする住民グループなども参加した。

 地域コーディネーターの名子さんは「職業的な自立とともに社会的な自立もキャリア教育の目標の一つ。地域づくりに携わる方たちと接し自分がどう地域に関わり、どう生きがいを持っていくかを感じてもらえたら」と話していた。

◎写真説明:松川中での「しごと未来フェア」

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

知財活用表彰で大賞受賞

2月27日土曜日13:19

桜井さん金賞に輝く

2月27日土曜日13:35

今年も飛来し使ってね!

2月26日金曜日15:02

再就職状況など報告

2月26日金曜日15:38

手作り菓子に感謝を込め

2月25日木曜日15:53

伊達の奏者と遠隔交流

2月25日木曜日15:24

ギネス記録更新へ

2月24日水曜日16:50

「難局乗り切る」姿勢強調

2月24日水曜日15:16

流通システム構築し好循環

2月23日火曜日13:58

地域の力で竹林整備を

2月23日火曜日13:35

心一つにつながる音楽祭に

2月22日月曜日15:00

観光軸に広域連携を

2月22日月曜日15:47

下農高「校友会」が大賞

2月20日土曜日13:13

現新23人が出馬準備

2月20日土曜日13:42

ブロックごと体制構築

2月19日金曜日15:51










記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞