元気に踊って表現力を 千代小でダンスパーティー

学校・教育

[ 2018年 1月 18日 木曜日 15時00分 ]

ダイナミックに自分を表現(千代小で)

 飯田市の千代小学校(片瀬月子校長、48人)は17日、全校行事の「ダンスパーティー」を同校体育館で開いた。縦割りの4チームが、元気な動きと振る舞いを仲間と保護者、教職員らに披露した。

 小規模校の児童に自己表現力を高める機会を―と、15年前から続けている取り組みで、導入当初からダンスの指導にあたる同校元教諭の吉村由紀さん(63)を迎え、この日に向けて練習を重ねてきた。

 各チームの児童は、名前を呼ばれると大きな声で返事をし、笑顔とゼスチャーで自己アピールをしてからステージに上がり、課題曲の「タッタ」と自由曲を発表し合った。

 自由曲はチームリーダーの5、6年生が考えた振り付けで踊り、仲間や教職員のチームにも歓声と拍手を送って盛り上げた。

 米窪治紀教頭は「顔を見れば互いの気持ちが分かる小集団の中で学んでいるが、言葉や態度で気持ちを表現する力も磨こうと続けている学習。チームごとにカラーがあり、とてもいい発表会になった」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        


南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu



記事の検索はこちらから







webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事