児童に安心感、一体感を

学校・教育

[ 2020年 4月 25日 土曜日 13時26分 ]

 飯田市南信濃の和田小学校(大池満校長、児童数28人)は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため臨時休校が続く中、子どもたちの生活や学習を支援しようと、28日から平日の毎朝、スマートフォンやタブレットを使ったオンラインミーティングを導入する。教諭とクラスの全児童が顔を見合わせ会話を交わすことで、安心感や一体感を生み出す狙い。

 休校中の過ごし方は、学校での見守りに参加したり家庭で過ごしたりと、児童によって異なることで、20日の登校日には「私だけ学校に来ていない」など、不安を口にする児童があったという。同校では、クラス全員で顔を合わせる時間の必要性を痛感。「担任を含め、何らかの形でつながりをつくるべき」と、オンライン学活の検討を開始した。

 各家庭の情報機器や通信環境を調査し、PTAや公民館などの協力を得る中で、全児童が参加できることを確認。24日には学年ごと時間をずらして接続テストを行い、実際に児童らが画面上に集合した。

 オンライン学習プロジェクトの中心を担う田中俊哉教諭は接続テストを終え、「ほぼ問題なく運用していくことができそう」と手応えを得るとともに、「何より子どもたちの楽しそうな笑顔を見ることができうれしい」と喜んだ。

 この他、「家庭学習になかなか心を向けることができない」という児童の声を受け、授業の動画配信にも取り組む。「教科書に沿って新学年の学習を進める」方針のもと授業動画を撮影し、メールにURLを貼付して配信。動画の中で課題を提出し、朝のオンライン学活で成果を確認することなども見据える。

◎写真説明:画面上に集合する児童ら

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

コロナ禍で修学旅行増

10月24日土曜日13:16

5カ国の醸造所とコラボ

10月24日土曜日13:42

間伐材利用で「布」作り

10月23日金曜日15:48

歴史や文化学び絆つくる

10月23日金曜日15:59

安全安心な観光アピール

10月22日木曜日15:31

3年上田さんが県大会優勝

10月22日木曜日15:21

「災害時にどう手助けする」

10月21日水曜日15:43

永嶺氏が無投票で再選

10月21日水曜日15:45

「対話と現場主義貫く」

10月20日火曜日15:17

デザイン一新、乗り心地を向上

10月20日火曜日15:23

飯田市長に新人佐藤氏

10月19日月曜日1:59

「16年の支えに感謝」

10月19日月曜日0:39

「これからが本当の戦い」

10月19日月曜日0:28

竹林整備へ破砕機導入

10月17日土曜日14:58

労働力確保へ作業講習会

10月17日土曜日14:07








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞