児童の笑い声 校舎に響く

学校・教育

[ 2020年 5月 18日 月曜日 16時39分 ]

 新型コロナウイルス特別措置法に基く政府の緊急事態宣言が14日に長野県を含む39県で解除されたことを受け、飯田下伊那地域の小中学校は18日の泰阜、大鹿村を皮切りに、順次通常登校を再開する。18日朝、泰阜小学校には友人らと元気に登校する児童の姿があった。4月早々に臨時休校となって以来の全校登校で、学校には子どもたちの大きな笑い声や歓声が響いた。

 学校は再開したものの、新型コロナウイルス感染拡大に伴う休校前と同様の学校生活には戻れていないのが現状。同校の児童らは一様にマスクを着用して登校し、感染しやすくなるとされる「3密」(密閉、密集、密接)を避けるため、教室内では児童同士の間隔を広く取った。全校集会など多くの児童が一カ所に集まる機会も設けない。

 また、給食では配膳を教諭らが行い、当面の間は汁物を出さないなど、配膳しやすい献立に変更している。

 この日、登校する児童を昇降口前で見守った小林嘉明校長は「給食袋を持つ子どもたちの姿に、ようやく日常的な学校生活が戻ってきたことを感じた」と笑顔。「児童会活動ができないなど、子どもたちの活動にはまだまだ制限が掛かってしまうが、うがい、手洗い、換気など予防策を徹底しながら、安全な学校生活に努めていきたい」と力を込めた。

 飯伊では25日までに全小中学校が登校を再開する。

◎写真説明:元気に登校する児童ら(泰阜小)

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

果物のフードロス解消へ

9月25日金曜日15:29

秋にも花を楽しんで

9月25日金曜日15:27

予定の現新2派が出席

9月24日木曜日15:21

赤い花びっしりと

9月24日木曜日15:17

コロナ禍での結束誓う

9月23日水曜日15:48

7カ月ぶりにアマの舞台

9月23日水曜日14:53

「実りゆく」を見に行こう

9月21日月曜日13:59

森林で伐採の見学も

9月21日月曜日13:00

10月から抗原検査開始

9月19日土曜日13:28

コロナ禍でも元気な姿

9月19日土曜日13:52

昼神の宿泊状況「回復傾向」

9月18日金曜日16:48

規模縮小し地域つなぐ

9月18日金曜日16:56

マニフェスト読み比べ

9月17日木曜日15:43

地元の映画を盛り上げよう

9月17日木曜日15:53

かごいっぱいの栗に笑顔

9月16日水曜日15:36








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞