児童の笑い声 校舎に響く

学校・教育

[ 2020年 5月 18日 月曜日 16時39分 ]

 新型コロナウイルス特別措置法に基く政府の緊急事態宣言が14日に長野県を含む39県で解除されたことを受け、飯田下伊那地域の小中学校は18日の泰阜、大鹿村を皮切りに、順次通常登校を再開する。18日朝、泰阜小学校には友人らと元気に登校する児童の姿があった。4月早々に臨時休校となって以来の全校登校で、学校には子どもたちの大きな笑い声や歓声が響いた。

 学校は再開したものの、新型コロナウイルス感染拡大に伴う休校前と同様の学校生活には戻れていないのが現状。同校の児童らは一様にマスクを着用して登校し、感染しやすくなるとされる「3密」(密閉、密集、密接)を避けるため、教室内では児童同士の間隔を広く取った。全校集会など多くの児童が一カ所に集まる機会も設けない。

 また、給食では配膳を教諭らが行い、当面の間は汁物を出さないなど、配膳しやすい献立に変更している。

 この日、登校する児童を昇降口前で見守った小林嘉明校長は「給食袋を持つ子どもたちの姿に、ようやく日常的な学校生活が戻ってきたことを感じた」と笑顔。「児童会活動ができないなど、子どもたちの活動にはまだまだ制限が掛かってしまうが、うがい、手洗い、換気など予防策を徹底しながら、安全な学校生活に努めていきたい」と力を込めた。

 飯伊では25日までに全小中学校が登校を再開する。

◎写真説明:元気に登校する児童ら(泰阜小)

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

「まんまるしぇ」にぎわう

12月2日水曜日15:21

コロナに負けず「子どもに夢を」

12月2日水曜日15:02

伝統の柚餅子継承へ

12月1日火曜日15:21

8万球が冬夜を彩る

12月1日火曜日15:41

創作神楽でコロナばらい

11月30日月曜日16:20

誇れる文化を毎年発信

11月30日月曜日16:09

県内駅の構造物明らかに

11月28日土曜日14:40

災害想定し避難所開設

11月28日土曜日14:10

シトラスリボンに賛同を

11月27日金曜日15:09

全町民対象に検査補助へ

11月27日金曜日15:00

適切な除雪で交通確保

11月26日木曜日16:50

働く先輩の声に夢膨らむ

11月26日木曜日16:08

12月13日に旗揚げ公演

11月25日水曜日15:14

開かれた場で議論「大切に」

11月25日水曜日15:30

新店舗の詳細検討へ協定

11月24日火曜日15:10








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞