全国に向けた練習の成果を

学校・教育

[ 2021年 1月 13日 水曜日 15時54分 ]

 飯田女子高校チアリーディングクラブ(松下木乃葉クラブ長)は9日、保護者向けの発表会を飯田市上郷飯沼の同校で行った。出場予定だった全国大会が新型コロナウイルス感染症の影響で中止になり、保護者に向けて実施。発表予定だったパフォーマンスを力強く披露した。

 出場を予定していた全国大会「第12回全国高等学校ダンスドリル冬季大会」(NPO法人ミスダンスドリルチーム・インターナショナル・ジャパン主催)は、9、10日に東京都で開催される予定だったが、7日夜に大会ホームページ上で中止が発表された。

 直前の中止を受け、全国大会に向けた練習の成果を見てもらい、活動を支えてくれた感謝を伝えたい―と企画した。

 昨夏の全国大会でビデオ審査が行われたことから、今後の大会でも映像で審査されることを想定し、パフォーマンスの撮影を行った。

 保護者や顧問、引退した3年生らが見守る中、出場予定だった1、2年生12人が発表。躍動的な音楽に合わせて会場を駆け回りながら、ポンポンを使った華やかなダンスや、メンバーを持ち上げるスタンツなど、エネルギッシュなパフォーマンスを繰り広げた。

 副クラブ長の片桐彩さん(17)は「目標だった全国大会が中止になってしまい、悔しい気持ち。まだ気持ちの整理がついていないが、この思いを糧に、また大会に出られるよう皆と頑張りたい」と語った。

 クラブ長の松下さん(同)は「気持ちを切り替え、チームを一つにまとめていきたい。今日の発表で、先輩や先生から指摘されたことをこれからの練習に取り入れ、もっと細かい所まできっちりと動きをそろえられたら」と話していた。

◎写真説明:全国大会で発表予定だったパフォーマンスを披露(飯田女子高で)

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

町の魅力をVRで発信

1月27日水曜日15:40

個人消費の喚起策を

1月27日水曜日15:35

地元業者から提案も

1月26日火曜日15:34

西洋料理を気軽に

1月26日火曜日15:23

352人分採取し「全て陰性」

1月25日月曜日16:13

10年の歩み振り返り展望

1月25日月曜日15:50

対話重視し新たな村政へ

1月25日月曜日14:23

弓道クが全国で5位に

1月23日土曜日13:14

職員と村民に感謝

1月23日土曜日13:37

特産「竜峡小梅」が開花

1月22日金曜日15:42

仮設道路の通行「大丈夫」

1月22日金曜日15:23

高齢者の感染拡大懸念

1月21日木曜日15:51

集中できる学習の場を

1月21日木曜日15:43

「対話通じて前へ進む」

1月20日水曜日15:03

「成り木責め」豊作願う

1月20日水曜日15:29








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞