全国一斉にセンター試験

学校・教育

[ 2011年 1月 17日 月曜日 11時04分 ]

 本格的な大学受験シーズンの到来を告げる2011年度の大学入試センター試験が15日、2日間の日程で全国一斉に始まった。飯田下伊那地域の現役志願者は600人余。多くが朝から上伊那郡内の2会場へ向かい、試験に臨んだ。

 飯伊の現役生たちの試験会場は、学校別に駒ケ根市の県看護大学と南箕輪村の信州大学農学部の2カ所。当日は学校が手配したバスや保護者らの車、電車などで会場に入った。

 信大農学部が受験会場となる飯田高校では、会場行きのバスを科目の開始時間に応じて計7台運行した。1便4台のうち3台は、午前7時に同校を出発。教職員ら10人ほども激励に駆けつけ、手を振って生徒たちを送り出した。

 防寒対策の厚着姿やインフルエンザ予防のマスク姿が目立った受験生たちだが、互いに談笑するなどしてリラックス。清水越郎校長は「いよいよ受験シーズンの本格的なスタートとなるが、培った力を普段通りに思い切り発揮してほしい」とエールを送っていた。

 大学入試センターによると、県内の13会場で受験する志願者数は男性5911人、女性4750人の計1万661人で、そのうちの現役は男性4438人、女性4098人の計8536人。全国の志願者数は計55万8984人となっている。

 試験は初日の15日が▽公民▽地理歴史▽国語▽外国語―の順で、2日目の16日が▽理科①▽数学①▽数学②▽理科②▽理科③―の順で行われる。外国語のうち、英語のみリスニング試験もある。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

県内駅の構造物明らかに

11月28日土曜日14:40

災害想定し避難所開設

11月28日土曜日14:10

シトラスリボンに賛同を

11月27日金曜日15:09

全町民対象に検査補助へ

11月27日金曜日15:00

適切な除雪で交通確保

11月26日木曜日16:50

働く先輩の声に夢膨らむ

11月26日木曜日16:08

12月13日に旗揚げ公演

11月25日水曜日15:14

開かれた場で議論「大切に」

11月25日水曜日15:30

新店舗の詳細検討へ協定

11月24日火曜日15:10

新野の雪祭り 21年は中止

11月24日火曜日15:46

地域を豊かにする地産地消を

11月23日月曜日13:21

研究活動への眼差し広め

11月23日月曜日13:08

先輩の体験談 職業身近に

11月21日土曜日13:55

木質エネルギーで農業振興

11月21日土曜日13:15

戸中・壬生沢工区着工へ

11月20日金曜日15:27








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞