動きやセリフをプログラム

学校・教育

[ 2020年 10月 31日 土曜日 14時29分 ]

 根羽村の義務教育学校「根羽学園」の6年生2人は10月29日、ソフトバンクが開発した人型ロボット「Pepper(ペッパー)」を活用して環境問題解決のアイデアを発表した。プログラミング教育の一環。学園食堂で行われた発表会には全校児童・生徒が参加し、プレゼンテーションを熱心に聞いた。

 全校で取り組める対策として、片桐悠晟君(11)は節水のために給食の食器をきれいに洗うこと、前田積志君(12)はニワトリを飼育して残飯を食べてもらうことを提案。手や頭に触れると反応するようプログラムしたペッパーと会話をしながら、発表を進めた。

 ペッパーと同じポーズを取ったり、コントのような掛け合いをしたりと、コミカルな動きで笑いを誘った。他の児童生徒は、2人の提案に真剣に耳を傾け、発表後には大きな拍手を送った。

 プログラミング教育でのペッパーの活用は「実際の学習の中で成長できる教材を」と国語担当の下井慈教諭(50)が提案した。10月に入ってから、授業内でせりふや動きを指定するプログラミングを実施。発表当日にレンタルしたペッパーと初対面し、ソフトバンクの講師に指導を受けて調整した。

 ペッパーをプログラミング授業に取り入れた例は県内で初めてという。片桐君は「緊張した。説明書を見ながらプログラミングをするのは大変だったけど、できる動きをたくさん使うよう工夫できた」と笑顔。前田君は「プログラムした通りに動いてくれて良かった。皆が笑ってくれるようペッパー君と頑張った」と話した。

◎写真説明:ペッパーと発表をする片桐君

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

地域を豊かにする地産地消を

11月23日月曜日13:21

研究活動への眼差し広め

11月23日月曜日13:08

先輩の体験談 職業身近に

11月21日土曜日13:55

木質エネルギーで農業振興

11月21日土曜日13:15

戸中・壬生沢工区着工へ

11月20日金曜日15:27

新たな体験価値を創出

11月20日金曜日15:13

議員定数検討の中間報告

11月19日木曜日15:33

住民に寄り添う姿勢強調

11月19日木曜日15:16

かわいい新包装で再発

11月18日水曜日15:48

機動性高い最新機器実演

11月18日水曜日15:30

出身学生の帰省安心に

11月17日火曜日15:42

環境保全の計画公表

11月17日火曜日15:16

8年ぶりにカメラ発見

11月16日月曜日15:16

故人しのび思い出語る

11月16日月曜日15:55

「地域と共に進化を続け」

11月14日土曜日13:42








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞