千代小学校でアサギマダラ学習会

学校・教育

[ 2017年 9月 30日 土曜日 14時53分 ]

001chiyo

 数千キロを旅するチョウ「アサギマダラ」の学習会が9月29日、飯田市の千代小学校であり、4年生9人が住民講師の指導でマーキングに初挑戦した。

 千代の住民有志は10年ほど前からアサギマダラが好むフジバカマを地区内に植え、移動状況を調べるために羽根にマーク(標識)を付けて放している。

 この日は、子どもたちの学びを支え地域応援団のメンバーで、アサギマダラに詳しい関口兼善さん(75)と内藤節子さん(70)が講師として来校。移動距離、羽根で分かるオスメスの見分け方などを教えた。

 児童たちは「気流に乗って長距離を飛び、世代交代しながら移動する」といった説明に目を輝かせて聞き入った。

 続いて校庭のフジバカマの近くでゆったりと舞うアサギマダラをそれぞれに捕まえ、2人の指導でマーキングに挑戦。自分の名前も書き込んだ。

 松澤星(あかり)さん(9)は「沖縄県とか遠くまで飛んでいって見つかったらいいな」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

移住定住推進委が初会合

9月26日土曜日14:49

アサギマダラ 今年も飛来

9月26日土曜日14:10

果物のフードロス解消へ

9月25日金曜日15:29

秋にも花を楽しんで

9月25日金曜日15:27

予定の現新2派が出席

9月24日木曜日15:21

赤い花びっしりと

9月24日木曜日15:17

コロナ禍での結束誓う

9月23日水曜日15:48

7カ月ぶりにアマの舞台

9月23日水曜日14:53

「実りゆく」を見に行こう

9月21日月曜日13:59

森林で伐採の見学も

9月21日月曜日13:00

10月から抗原検査開始

9月19日土曜日13:28

コロナ禍でも元気な姿

9月19日土曜日13:52

昼神の宿泊状況「回復傾向」

9月18日金曜日16:48

規模縮小し地域つなぐ

9月18日金曜日16:56

マニフェスト読み比べ

9月17日木曜日15:43








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞