卒業式の出席条件を緩和

学校・教育

[ 2020年 3月 13日 金曜日 15時42分 ]

 新型コロナウイルス対策で、飯田市教育委員会は12日開き、市内全小中学校(19小学校、9中学校)の卒業式について、保護者一人の出席を認めるなど方針の一部を変更することを確認した。各学校には変更を通知。市内の卒業式は17、18日に行われる。

 これまでは児童生徒、教職員のみの出席としていたが、条件を緩和する。ただ在校生の「送辞を行う児童生徒など少人数の参加」は変わらず、来賓は参加しない。

 手洗い、アルコール消毒、登校前の検温、健康観察に加え、徹底事項に会場の換気と座席間の距離の確保を追加した。代田昭久教育長は「学校生活の中で最も大事な一日であることや、社会性などを考慮する中で判断した」と話した。

 いずれも現時点での対応とし、飯田下伊那地域で感染者が出た場合には卒業式の縮小、中止といった変更もある。

 市教委の方針だと、濃厚接触を避けるため、時間は30分程度に短縮するよう要請。校歌や合唱の実施についても、必要性を考慮して判断するよう求めている。

 入学式は、今後の状況を見ながら23日をめどに検討する。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

自然とアートが融合

5月10日月曜日15:58

飯田が17年ぶりに南信制す

5月10日月曜日15:51

村の新たな観光拠点に

5月8日土曜日13:17

30匹が元気よく

5月8日土曜日13:01

「参加者の安全確保して」

5月7日金曜日15:42

屋外で多彩な催し

5月7日金曜日15:53

2度の延期乗り越え門出祝う

5月4日火曜日13:01

クリンソウが開花

5月4日火曜日13:10

焼き肉のたれでヒットを

5月3日月曜日13:00

子どもたちの声援を力に

5月3日月曜日13:22

連帯し未来切り開く

5月1日土曜日13:38

地区に響く茶摘み唄

5月1日土曜日13:25

2年ぶり開催向け協議

4月30日金曜日15:45

新緑に映えるこいのぼり

4月30日金曜日15:24

市田柿の皮でのど飴

4月29日木曜日13:48










記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞