収穫の喜び地域と共有 飯田東中がりんご並木で祝う会

学校・教育

[ 2017年 11月 21日 火曜日 15時08分 ]

リンゴの収穫に笑顔の生徒ら

 飯田東中学校は20日、りんご並木で収穫作業と収穫を祝う会を開いた。生徒をはじめ、保護者や地域住民、行政関係者なども参加し、真っ赤に色付いた「ふじ」を協力して収穫。大きく実ったリンゴを手に生徒らは、1年間の管理作業を振り返りながら、収穫の喜びをかみしめた。

 同校では、品種ごとに8月末から順次収穫を行っており、全校での収穫は今回が2回目。全収穫量は、懸念された台風による被害などもなく、例年並みになる見込みという。

 収穫したリンゴは、東日本大震災以来交流を続ける、岩手県陸前高田市の高田東中学校をはじめ、学校活動で関わりを持った施設やりんご並木の周辺企業など、約100カ所へ寄贈を計画(一部寄贈済)。東日本大震災により福島県南相馬市から避難し、現在も飯田市内で生活を送る人らへも贈られる。

 この日生徒らは、各クラスごとに、それぞれ地域住民らと協力して作業。大きく実ったリンゴを一つ一つ丁寧に収穫すると、仲間らと顔を見合わせ、「おいしそう」と笑顔を見せた。

 3年間で最後の収穫を迎え、同校並木委員長の牧内拓君(15)は、「学年が上がるにつれ、並木との関わり方も深まっていった。1年生の時にはできなかったことができるようになるなど、並木とともに成長することができたと思う」と振り返った。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

高温で良質な竹炭を

1月28日木曜日15:53

不満の声「市政に反映を」

1月28日木曜日15:30

町の魅力をVRで発信

1月27日水曜日15:40

個人消費の喚起策を

1月27日水曜日15:35

地元業者から提案も

1月26日火曜日15:34

西洋料理を気軽に

1月26日火曜日15:23

352人分採取し「全て陰性」

1月25日月曜日16:13

10年の歩み振り返り展望

1月25日月曜日15:50

対話重視し新たな村政へ

1月25日月曜日14:23

弓道クが全国で5位に

1月23日土曜日13:14

職員と村民に感謝

1月23日土曜日13:37

特産「竜峡小梅」が開花

1月22日金曜日15:42

仮設道路の通行「大丈夫」

1月22日金曜日15:23

高齢者の感染拡大懸念

1月21日木曜日15:51

集中できる学習の場を

1月21日木曜日15:43








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞