古墳文化に親しんで

学校・教育

[ 2020年 7月 31日 金曜日 15時03分 ]

 飯田市の竜丘小学校で7月29日、6年生46人によるはにわ作りがあった。「竜丘古墳の会」の4人に教わりながら、塚原二子塚古墳から出土している円筒はにわを完成させた。

 南信随一の古墳の集積地だった竜丘地区の歴史と文化に理解を深めてもらいたいと続けている企画で、今年で12年目になる。

 授業の冒頭、同会の木下和彦会長(78)がはにわについて説明。塚原二子塚古墳の上には神聖な領域を示す境界線として、高さ70~80センチの円筒はにわが約150個ほど並んでいたという。

 児童たちは、福岡計介さん(66)から手順を教わり、はにわ作りを開始。瓦用の粘土を木枠にはめ込んで板状にし、直径約10センチのビニール製パイプに巻いて筒状にした。その後に帯を2つ周囲に巻き付け、透孔(すかしこう)を開けた。

 児童たちはひびができないよう隙間を埋め、透孔を星型にするなどアレンジ。高さ約20センチのはにわを完成させた。男子児童の一人(11)は「粘土が軟らかくゆがんでしまうのが難しかったけど、完成できて良かった」と話した。

 はにわは6月の古墳祭りに合わせて作成していたが、今年は祭りが中止になったため、9月ごろの野焼きを予定している。

◎写真説明:竜丘古墳の会メンバーに教わりながら円筒はにわを作る竜丘小の6年生

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

知財活用表彰で大賞受賞

2月27日土曜日13:19

桜井さん金賞に輝く

2月27日土曜日13:35

今年も飛来し使ってね!

2月26日金曜日15:02

再就職状況など報告

2月26日金曜日15:38

手作り菓子に感謝を込め

2月25日木曜日15:53

伊達の奏者と遠隔交流

2月25日木曜日15:24

ギネス記録更新へ

2月24日水曜日16:50

「難局乗り切る」姿勢強調

2月24日水曜日15:16

流通システム構築し好循環

2月23日火曜日13:58

地域の力で竹林整備を

2月23日火曜日13:35

心一つにつながる音楽祭に

2月22日月曜日15:00

観光軸に広域連携を

2月22日月曜日15:47

下農高「校友会」が大賞

2月20日土曜日13:13

現新23人が出馬準備

2月20日土曜日13:42

ブロックごと体制構築

2月19日金曜日15:51










記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞