古墳文化に親しんで

学校・教育

[ 2020年 7月 31日 金曜日 15時03分 ]

 飯田市の竜丘小学校で7月29日、6年生46人によるはにわ作りがあった。「竜丘古墳の会」の4人に教わりながら、塚原二子塚古墳から出土している円筒はにわを完成させた。

 南信随一の古墳の集積地だった竜丘地区の歴史と文化に理解を深めてもらいたいと続けている企画で、今年で12年目になる。

 授業の冒頭、同会の木下和彦会長(78)がはにわについて説明。塚原二子塚古墳の上には神聖な領域を示す境界線として、高さ70~80センチの円筒はにわが約150個ほど並んでいたという。

 児童たちは、福岡計介さん(66)から手順を教わり、はにわ作りを開始。瓦用の粘土を木枠にはめ込んで板状にし、直径約10センチのビニール製パイプに巻いて筒状にした。その後に帯を2つ周囲に巻き付け、透孔(すかしこう)を開けた。

 児童たちはひびができないよう隙間を埋め、透孔を星型にするなどアレンジ。高さ約20センチのはにわを完成させた。男子児童の一人(11)は「粘土が軟らかくゆがんでしまうのが難しかったけど、完成できて良かった」と話した。

 はにわは6月の古墳祭りに合わせて作成していたが、今年は祭りが中止になったため、9月ごろの野焼きを予定している。

◎写真説明:竜丘古墳の会メンバーに教わりながら円筒はにわを作る竜丘小の6年生

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

左岸側から架橋工事へ

12月4日金曜日15:39

大本山本圀寺の貫主に

12月4日金曜日15:00

3社で最大120人が離職

12月3日木曜日15:55

診療所の医師確保へ前進

12月3日木曜日15:56

「まんまるしぇ」にぎわう

12月2日水曜日15:21

コロナに負けず「子どもに夢を」

12月2日水曜日15:02

伝統の柚餅子継承へ

12月1日火曜日15:21

8万球が冬夜を彩る

12月1日火曜日15:41

創作神楽でコロナばらい

11月30日月曜日16:20

誇れる文化を毎年発信

11月30日月曜日16:09

県内駅の構造物明らかに

11月28日土曜日14:40

災害想定し避難所開設

11月28日土曜日14:10

シトラスリボンに賛同を

11月27日金曜日15:09

全町民対象に検査補助へ

11月27日金曜日15:00

適切な除雪で交通確保

11月26日木曜日16:50








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞