画家の吉川優さんが出前授業

学校・教育

[ 2015年 3月 9日 月曜日 9時24分 ]

 阿智村伍和の日本画家、吉川優さん(56)が6日、阿智第一小学校を訪れ、6年生を対象に世界の名画を鑑賞する授業を行った。ピカソやシャガール、レンブラントなど数々の名画を間近にした子どもたち。吉川さんから芸術の魅力を学んだ。

 吉川さんは図工の授業で世界各国の名画鑑賞を行ったことを聞き「印刷物でなくぜひ本物を子どもたちに見せたい」と所有するコレクションの一部を学校へ持参した。

 「画家と芸術家の違いは何?」と吉川さん。「画家は絵を書く人。芸術家は彫刻や音楽などいろんなジャンルがある。人間は何で生まれて何で死んでいくのか。答えられる人はいない。それを一生懸命考えて形にするのが芸術家だ」と語った。

 デューラーやレンブランドなどの版画作品を紹介しながら、銅版の実物を見せて「これを削って腐食させてからプレスで刷る。一本の線を描くのにもかなりの時間がかかる。これだけの大きさでここまで細密に描くにはどれだけ苦労したのか感じてほしい」と呼び掛けた。

 またピカソやダリ、ミロ、シャガールなどの作品を紹介。かつての画家は王宮の肖像画や宗教画を描いていたが、近代になって写真が登場すると細密で写実的な作品でなく、抽象的で心の内面を描いた作品を作るようになったと説明した。

 子どもたちは名画を間近に見て、芸術家の作品に込めた思いを感じ取った様子だった。後半は吉川さんが持参したロボットとの会話を楽しみ、技術の進展と未来の生活へ期待を膨らませた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

猛暑の一騎打ち 阿部、金井候補が舌戦開始 知事選が告示

7月19日木曜日15:41

春草の「鎌倉時代闘牛の図」が市有形文化財に 学生時代に制作

7月19日木曜日15:14

松川町 コスタリカTシャツ作成 中学生が考案

7月18日水曜日15:20

近畿ウオーキング笑会、信濃比叡広拯院に500選達成旗を奉納

7月18日水曜日15:54

阿南町で化石発掘体験イベント

7月17日火曜日15:21

飯田の焼き肉を東京から発信 新宿にオープンした飯田屋好評

7月17日火曜日15:09

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34