命慈しみ過ごして 飯田女子短大で釈尊降誕会

学校・教育

[ 2017年 5月 10日 水曜日 16時10分 ]

釈尊像に甘茶を掛ける学生(飯田女子短大で)

 飯田市松尾代田の飯田女子短期大学(高松彰充学長)は10日、釈迦の誕生日を祝う仏教行事「釈尊降誕会(しゃくそんごうたんえ)」を同短大講堂で開いた。学生や教職員らは、花御堂に安置された釈尊像に甘茶を注いで、釈迦の誕生を祝った。

 親鸞聖人を開祖とする浄土真宗の教えに基づく教育を行う同短大で、釈迦の誕生日(4月8日)から1カ月遅れで開く宗教行事。

 釈迦の誕生をたたえるとともに、自らがこの世に生を受けた意味と感謝の気持ちについて考える機会とし、学生が主体となって企画・運営している。

 この日は、さまざまな花で飾られた花御堂をステージに設置。真宗宗歌と献灯・献花、礼拝に続き、教職員や学生代表が釈尊像へ甘茶を掛ける「潅仏(かんぶつ)」を行った。

 高松学長は、儀式の由来となった釈迦誕生のエピソードについて「命は何よりも尊いことを伝えるための説話」と説明。

 「人は失った時、初めてそのものの大切さを感じる。将来接することになる患者やお年寄りは、あなた以上に健康や命の大切さを理解している。その人たちと同じくらい、命を慈しみ大切にして毎日を過ごして」と呼び掛けていた。

 閉式後には甘茶の集いを開き、自由に潅仏を行った。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

移住定住推進委が初会合

9月26日土曜日14:49

アサギマダラ 今年も飛来

9月26日土曜日14:10

果物のフードロス解消へ

9月25日金曜日15:29

秋にも花を楽しんで

9月25日金曜日15:27

予定の現新2派が出席

9月24日木曜日15:21

赤い花びっしりと

9月24日木曜日15:17

コロナ禍での結束誓う

9月23日水曜日15:48

7カ月ぶりにアマの舞台

9月23日水曜日14:53

「実りゆく」を見に行こう

9月21日月曜日13:59

森林で伐採の見学も

9月21日月曜日13:00

10月から抗原検査開始

9月19日土曜日13:28

コロナ禍でも元気な姿

9月19日土曜日13:52

昼神の宿泊状況「回復傾向」

9月18日金曜日16:48

規模縮小し地域つなぐ

9月18日金曜日16:56

マニフェスト読み比べ

9月17日木曜日15:43








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞