和田小卒業生らがタイムカプセル開封

学校・教育

[ 2013年 8月 19日 月曜日 9時38分 ]

 2001(平成13)年和田小学校(飯田市南信濃)卒の卒業生たちが14日、学校の敷地内に埋めたタイムカプセルの開封作業を行い、思い出が詰まった品々を取り出した。自分や家族からの手紙を受け取り、感激。旧交を温め、12年前に思いを馳せた。

 卒業を記念し、学校の敷地内に埋めたのが12年前の3月。えとが1周し、約束の時を迎えたため、12人の卒業生のうち9人が思い出の学び舎に集まった。

 自分たちの名前を記したタイルをはがし、コンクリートをうがつと、中には懐かしい品々が。「希望の朝」などを記した6年生の時の書初めや、自分、家族からの手紙の他、カードゲームやマリモまで、当時の大切だったものが次々と出てきた。

 中には「二十歳になったら飲んでほしい」と両親が入れたお酒やお金もみつかり、感激させた。

 出生からの記録をつづった手紙や指輪を母親から受け取った女性(23)は「きれいに残っていて驚いた。お母さんからの手紙に感動させられた」と語った。

 日頃からSNSなどを使って交流をしているという12人。南信濃に残っている人は2人で、他は飯田市や県内外に散らばっている。

 上村小学校に勤めている女性(24)が調整役を務めた。「12年が過ぎてみんな大人になったが、やっぱり残っているものは同じ。当時の気持ちに戻れた気がした」と話していた。

 タイムカプセルを埋めた敷地は、同じ巳年の24年前の卒業生たちから引き継いだ。参加者たちは、来年3月に卒業する児童たちが使ってくれればと願っていた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

町の魅力をVRで発信

1月27日水曜日15:40

個人消費の喚起策を

1月27日水曜日15:35

地元業者から提案も

1月26日火曜日15:34

西洋料理を気軽に

1月26日火曜日15:23

352人分採取し「全て陰性」

1月25日月曜日16:13

10年の歩み振り返り展望

1月25日月曜日15:50

対話重視し新たな村政へ

1月25日月曜日14:23

弓道クが全国で5位に

1月23日土曜日13:14

職員と村民に感謝

1月23日土曜日13:37

特産「竜峡小梅」が開花

1月22日金曜日15:42

仮設道路の通行「大丈夫」

1月22日金曜日15:23

高齢者の感染拡大懸念

1月21日木曜日15:51

集中できる学習の場を

1月21日木曜日15:43

「対話通じて前へ進む」

1月20日水曜日15:03

「成り木責め」豊作願う

1月20日水曜日15:29








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞