喬木中2年生が農業体験学習

学校・教育

[ 2012年 7月 13日 金曜日 8時38分 ]

 喬木中学校2年生は11日、喬木村内の農家16カ所で農業体験学習を行った。それぞれのグループごとに農家を訪れ、地元の産業を体験した。

 総合的な学習の時間の一環。5―7月、3回にわたって体験学習を行ってきた。この日、1年生は阿南少年自然の家で自然体験、3年生は社会福祉施設で福祉体験を行った。

 2年生は4―8人ずつ16グループに分かれ、村内の農家を訪問。伊久間地区の農家6人でつくる「農友会」が利用する30アールの畑では、4人が訪れてジャガイモを掘った。

 生徒は会員とともに自走イモ掘り機に乗って1畝ごと収穫。機械が土を掘って取り出したイモを草などと選別し、次々と箱に入れていった。収穫したイモはハウスの中に運び込み、広げて乾かした。

 生徒の一人は「小さい頃に農業をしている祖父母の手伝いをしたことがあるけれど、イモ掘りは初めて。どんどんイモが上がってくるのを取っていくのが楽しかった」と笑みを浮かべた。

 同会のまとめ役の男性(62)は「中学生の受け入れは3回目。農業体験は、喬木村でどのようなものができるのか勉強になるので意義があると思う。一つの思い出にもなるのでは」と話していた。

 収穫したジャガイモは14―16日、ポピーの会が同村の縄文の丘フルーツパークで販売する。各日午前10時から午後4時まで。問い合わせは農村交流研修センター(電話0265・33・3999)へ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

晴天の下大にぎわい

10月26日月曜日15:33

三菱重工業がスペースジェット凍結へ

10月26日月曜日15:31

コロナ禍で修学旅行増

10月24日土曜日13:16

5カ国の醸造所とコラボ

10月24日土曜日13:42

間伐材利用で「布」作り

10月23日金曜日15:48

歴史や文化学び絆つくる

10月23日金曜日15:59

安全安心な観光アピール

10月22日木曜日15:31

3年上田さんが県大会優勝

10月22日木曜日15:21

「災害時にどう手助けする」

10月21日水曜日15:43

永嶺氏が無投票で再選

10月21日水曜日15:45

「対話と現場主義貫く」

10月20日火曜日15:17

デザイン一新、乗り心地を向上

10月20日火曜日15:23

飯田市長に新人佐藤氏

10月19日月曜日1:59

「16年の支えに感謝」

10月19日月曜日0:39

「これからが本当の戦い」

10月19日月曜日0:28








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞