喬木中2年生が農業体験~地域に学び愛着深める~

学校・教育

[ 2013年 5月 20日 月曜日 16時30分 ]

 喬木中学校2年生約70人が17日、村内で農業体験学習を行った。グループごと農家を訪ね、農作業を手伝ったり農家との交流を深めた。

 村の基幹産業である農業の実体験を通じ、地域住民と交流したり地域への愛着を深める狙いで10年目。

 毎年2年生が対象。総合的な学習の時間を使って実施した。15のグループに分かれて農家を訪問した生徒はリンゴの摘果や野菜の苗植え、果樹園の管理作業などに汗を流した。

 生徒の2人は阿島帰牛原の男性(57)方で田植えを体験した。植える間隔や苗の本数などポイントを教った後、早速はだしになって田んぼへ。コシヒカリの苗を4、5本ずつ手にとり、根っこから丁寧に植え込んだ。生徒らは「田植えは小学生以来。難しいけど慣れるとおもしろい」といい、リズム良く手を動かしていた。

 生徒を受け入れた農家の男性は、ことしは農業体験に合わせて田植え作業を始めた。水が張った10アールの田んぼの中央は機械によって苗が植わり、周囲を手植え用に用意。「土に触れる機会が減る中、農業の大切さを知るきっかけにもなれば」と期待を込めた。

 農業体験学習は計3回で6月と7月にも行う予定。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

北部5町村でワクチン接種券配布

4月21日水曜日15:09

春の星空を堪能

4月21日水曜日15:35

1人超過の激戦始まる

4月20日火曜日16:35

接種券の発送始まる

4月20日火曜日16:26

コロナ禍の舌戦始まる

4月19日月曜日15:49

新造船「布袋丸」が完成

4月19日月曜日15:07

天龍村議選20日告示

4月17日土曜日14:27

ライトアップで街道彩る

4月17日土曜日14:59

3人落ちの選挙戦へ

4月16日金曜日15:50

甘酒入り食パンを開発

4月16日金曜日15:09

将来の担い手に魅力伝える

4月15日木曜日15:46

旬の味覚を味わって

4月15日木曜日15:45

楽しみ共有できる場に

4月14日水曜日15:35

集団接種5月14日から

4月14日水曜日15:15

三位一体 魂吹き込む

4月13日火曜日16:41










記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞