喬木村小学5年生が市瀬村長から講演聞く

学校・教育

[ 2016年 6月 29日 水曜日 10時46分 ]

 喬木村の喬木第一小学校と喬木第二小学校の5年生60人は28日、村役場を訪れて市瀬直史村長から村の将来像について講演を聞いた。両校の5年生は、村長講演を皮切りに村について学習を深め、年度末に提言を行う予定だ。

 両校は「人口減少社会におけるICTの活用による教育の質の維持向上に関わる実証事業」としてタブレット端末や電子黒板などを利用した教育連携を行っている。その一環として、5年生の総合的な学習の時間では、村の将来像という共通テーマで、ICTを活用した遠隔授業などで連携をとりながら学習に取り組んでいる。

 議場で児童を迎えた市瀬村長は、第5次喬木村総合計画をもとに村の将来像について説明。村を維持するために年間61億円余の大変なお金がかかることや、日本全体で人口が減少し高齢化率が上がっていくことを説明し「どう食い止めて活力ある元気な村をつくっていくかが課題だ」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

「新しい学校生活」導入し

6月1日月曜日16:13

学生103人が事前登録

6月1日月曜日16:34

食を通して村を知る

5月30日土曜日13:12

自粛の市民活動再開へ

5月30日土曜日13:03

下條産リンゴ使ってます

5月29日金曜日15:46

伴野運動公園リニューアル

5月29日金曜日15:29

手摘みの茶で遠山郷PR

5月28日木曜日15:33

「中心市街は回復遅い」

5月28日木曜日15:31

車上検査の実演を公開

5月27日水曜日15:40

実付き良好 笑顔広がる

5月27日水曜日15:22

天龍中で待望の「泳ぎ初め」

5月26日火曜日15:50

地域の貴重な植物守ろう

5月26日火曜日15:42

小中学校が「一斉登校」再開

5月25日月曜日15:43

「外来・検査センター」開設

5月25日月曜日15:38

飯伊でもマスク需要変化

5月23日土曜日14:17








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞