喬木第一小で阿島傘の絵付け作業体験

学校・教育

[ 2012年 12月 26日 水曜日 9時38分 ]

 喬木村の郷土産業だった和傘「阿島傘」作りに取り組む喬木第一小学校4年生70人が25日、傘の表面に絵を書き入れる「絵付け」と呼ばれる作業を同校で体験した。

 村の産業の歴史などを知る狙いで毎年4年生が体験する。3~4人で一つのグループを作り、計18本を製作する計画。先月に骨組に扇形の和紙を張る「大張り」を行い、この日に備えた。

 それぞれ事前にアイデアを出し合い、和紙を張った直径1メートルほどの傘に鉛筆で下書き。阿島傘の保存と伝承に取り組む「阿島傘の会」会長の小林武司さん(85)のアドバイスを参考に、水性絵の具を使って色を付けた。

 来年のえとにちなんだヘビや富士山のほか、アニメキャラクターを取り入れるなどカラフルに仕上げた作品も。児童の一人は「難しいけどおもしろい」といい、慎重に筆を走らせていた。

 絵付けが終わると阿島傘の会で仕上げ作業を行い、来年2月に完成する見通し。小林会長は「喬木にも270年ほど続く伝統工芸があることを知り、理解を深めるきっかけにしてほしい」と話した。

 阿島傘は、江戸時代中期の1737(元文2)年に京都の旅人によって工法が伝わったとされる。戦後には約160戸、年間30万本が生産されていたものの洋傘の普及などによって徐々に衰退し、いまでは1戸のみ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

お盆に大人の第一歩を 下伊那7会場で成人式

8月15日水曜日13:39

阿南町「新野の盆踊り」幕開け 3夜連続踊り明かす

8月15日水曜日13:19

りんご並木周辺で歩行者天国イベント

8月14日火曜日13:01

阿南町で和合の念仏踊り始まる

8月14日火曜日13:03

飯田で国際会議が開幕 人形劇のAVIAMA総会 アジアで初開催

8月11日土曜日14:00

泰阜村 松島村政6期24年に幕 拍手に包まれ笑顔で退任 

8月11日土曜日14:49

総文祭 飯田女子高で人形劇部門開催 人形で巧みに心情表現

8月10日金曜日16:14

「シャルルヴィル・メジェール通り」命名式 飯田市が友好都市30周年記念し

8月10日金曜日15:30

飯田と友好提携30周年 仏シャルルヴィル・メジェール市長が来訪

8月9日木曜日16:52

待望施設の開業祝う 大鹿村道の駅「歌舞伎の里 大鹿」

8月9日木曜日16:48

新棟建設へ協力募る 修学旅行受入れ視野に 満蒙開拓平和記念館

8月9日木曜日15:49

激戦地で平和を願う 阿智村の小中学生が沖縄訪問

8月8日水曜日15:29

健常者にない表現力を 5施設がアートで交流

8月8日水曜日15:20

水中の世界繰り広げ 巨大人形劇「さんしょううお」公演

8月7日火曜日15:44

6日に飯田で観測史上最高37.7度 夜に大雨、降ひょう被害も

8月7日火曜日15:01