喬木第一小と第二小で遠隔合同授業

学校・教育

[ 2017年 11月 14日 火曜日 15時41分 ]

001takagi

 情報通信技術(ICT)を活用した遠隔合同授業の公開研究会が13日、喬木村の第一小学校(阿島)と第二小学校(富田)であり、画面と音声を介した授業を教育関係者らが見学した。

 同村は2015年、人口減少地域でICTを活用することで教育の質的な向上と維持を目指す文部科学省の実証事業に採択され、小規模校の教育の課題解決に取り組んでいる。

 3回目となった公開研究会は、3年生の算数の授業を公開し、飯田下伊那地域など各地から集まった約100人が見学した。

 両校の児童は分母が同じ分数の足し算に挑戦。タブレット端末に回答と自分の考えを書き込むと教室正面の電子黒板に表示され、画面をもとに問題の解き方を話し合った。児童は積極的に質問し合い、一人一人が熱心に授業に取り組んだ。

 授業後、第二小の児童8人は「自分とは異なる考え方を知ることができた」「第一小の子と仲良くなれた」などと感想を語った。

 視察した市瀬直史村長は「児童一人一人が問題解決に熱心に取り組んでいた。機器に頼りきりになるのはいけないが、ICTが非常に有用なツールであると確信した」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

22年度完成へ協力要請

7月15日水曜日15:17

国交省の専門家 喬木村の崩落現場を調査

7月15日水曜日15:02

今年は個人客にも注力

7月14日火曜日15:30

飯伊各地に大雨の被害

7月14日火曜日15:01

傾斜地一面に1000株の花

7月11日土曜日13:24

事務所開設し活動本格化

7月11日土曜日13:49

土地取得し、造成後も管理

7月10日金曜日15:15

事業安定させ次世代へ

7月10日金曜日15:31

ルミナコイドに注目を

7月9日木曜日15:41

12年ぶり選挙戦へ動き加速

7月9日木曜日15:39

飯伊初の「大雨特別警報」

7月8日水曜日15:15

飯田の夜空に大輪の花

7月8日水曜日15:42

現職金田氏無投票で再選へ

7月7日火曜日15:52

赤く色づき肥大順調

7月7日火曜日15:04

伍和地区でデマンドタクシー

7月6日月曜日15:05








記事の検索はこちらから















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞