喬木第一小と第二小で遠隔合同授業

学校・教育

[ 2017年 11月 14日 火曜日 15時41分 ]

001takagi

 情報通信技術(ICT)を活用した遠隔合同授業の公開研究会が13日、喬木村の第一小学校(阿島)と第二小学校(富田)であり、画面と音声を介した授業を教育関係者らが見学した。

 同村は2015年、人口減少地域でICTを活用することで教育の質的な向上と維持を目指す文部科学省の実証事業に採択され、小規模校の教育の課題解決に取り組んでいる。

 3回目となった公開研究会は、3年生の算数の授業を公開し、飯田下伊那地域など各地から集まった約100人が見学した。

 両校の児童は分母が同じ分数の足し算に挑戦。タブレット端末に回答と自分の考えを書き込むと教室正面の電子黒板に表示され、画面をもとに問題の解き方を話し合った。児童は積極的に質問し合い、一人一人が熱心に授業に取り組んだ。

 授業後、第二小の児童8人は「自分とは異なる考え方を知ることができた」「第一小の子と仲良くなれた」などと感想を語った。

 視察した市瀬直史村長は「児童一人一人が問題解決に熱心に取り組んでいた。機器に頼りきりになるのはいけないが、ICTが非常に有用なツールであると確信した」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        


南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu







2018年元旦号企画
webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事
南信州飯田観光ガイド2016秋・冬号