喬木第一小4年生が阿島傘の絵付けを体験

学校・教育

[ 2011年 12月 20日 火曜日 10時35分 ]

 喬木村の郷土産業だった和傘「阿島傘」作りに挑んでいる喬木第一小学校4年生計59人が19日、傘の表面に絵を書き入れる「絵付け」と呼ばれる作業を体験した。

 村の産業の歴史などを知る狙いで毎年4年生が取り組む。3~4人でグループをつくり、計16本を製作。先月に骨組に扇形の和紙を張る「大張り」を行い、この日に備えた。

 それぞれアイデアを出し合い、和紙を張った直径1メートルほどの傘に鉛筆で下書き。阿島傘の保存と伝承に取り組む「阿島傘の会」会長の小林武司さん(84)のアドバイスを受けながら、水性の絵の具を使って色を付けた。

 来年のえとにちなんだ龍や村特産のイチゴなどを画材にしたカラフルな作品も。「絆」の文字を選んだグループもあった。男子児童(10)は「ちょっと難しいけどおもしろい」といい、慎重に筆を走らせていた。

 絵付けの作業が終わると阿島傘の会で仕上げを行い、来年2月に完成する見通し。小林会長は「伝統工芸を残していくため今後も協力していきたい」と話していた。

 阿島傘は、江戸時代中期の1737(元文2)年に京都の旅人によって工法が伝わったとされる。戦後には約160戸、年間30万本が生産されていたものの、洋傘の普及などによって徐々に衰退、いまでは1戸のみ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

好例を課題解決の糸口に

2月22日土曜日14:50

「2020」本達成に笑顔咲く

2月22日土曜日14:49

拳銃置き忘れる

2月21日金曜日15:01

「今年も来てね!」と願い込め

2月21日金曜日15:06

「伝える」「伝わる」喜び体感

2月20日木曜日15:30

「天龍峡大橋」パズルに

2月20日木曜日15:54

農泊事業に新たな風を

2月19日水曜日15:12

はんてん贈り続けて30年

2月19日水曜日15:47

保護者の率直な思い聞く

2月18日火曜日15:38

飯田市予算案20年度458億円

2月18日火曜日15:58

129チームがたすきつなぐ

2月17日月曜日15:51

千代ネギに多彩メニュー

2月17日月曜日15:15

建設の判断先送りに

2月15日土曜日14:22

迫力舞台で観光客ら魅了

2月15日土曜日14:49

買い物弱者の手助けに

2月14日金曜日15:58








記事の検索はこちらから














スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞