地元農家と自然に触れる 三穂小5、6年生が民泊体験

学校・教育

[ 2017年 8月 31日 木曜日 15時28分 ]

ナメコを収穫する児童

 飯田市立三穂小学校の5、6年生20人は8月30、31の両日、三穂地区内の5軒の農家で農業体験と民泊を行った。

 児童が農家とのふれあいや農業体験を通して、地域の良さを再発見し地域に対する誇りと自信を持ってもらおうと始まり、4年目を迎えた。初日の午後に各農家に分かれて農作業を行って宿泊。翌日は朝作業を行って学校へ戻った。

 農家のうち伊豆木の坂巻京子さん方では、5人の児童が訪れ、カブの収穫やソバまき、ナメコの収穫作業を体験した。2日目に行ったナメコの収穫では、冷温な室内で菌床を手に取ると、顔を出しているナメコをはさみを使って丁寧に切り取っていった。

 6年の原悠仁君(12)は「家でもおじいさんが農業をしているけれど、他の家に泊まってしっかり体験するとやっぱり違う。農業の大切さやどうやって人の役に立っているかを感じた」と話した。

 毎年児童の体験を受け入れている坂巻さんは「中学生の体験旅行も受け入れているが、地元の小学生は言うことをきちんと聞いてくれて、しっかりやってくれる。みんな大きくなったな、いい子たちだな」と目を細めた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

この先さらに大変に…

1月15日金曜日15:54

佐藤市長「厳しい局面」

1月15日金曜日15:24

動物園で干支の引継ぎ

1月14日木曜日15:31

マスタープラン作成へ

1月14日木曜日15:18

田んぼリンクに笑顔広がる

1月13日水曜日15:16

全国に向けた練習の成果を

1月13日水曜日15:54

炎に「無病息災」の願い

1月12日火曜日15:21

熊谷氏無投票当選へ

1月12日火曜日15:59

新人のみが立候補予定

1月9日土曜日13:27

橋南の平和守るのは君

1月9日土曜日13:16

住民意向12日から再調査

1月8日金曜日15:07

豊作願う小正月飾り

1月8日金曜日15:23

地域への普及目指し

1月7日木曜日15:58

思い新たに3学期スタート

1月7日木曜日15:35

伝統文化を感じて

1月6日水曜日15:36








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞