地域の特産品を知ろう

学校・教育

[ 2020年 10月 30日 金曜日 15時20分 ]

 高森南小学校の4年生111人は28日、町の特産品である干し柿づくりに挑戦した。校内で柿の皮むきからつるし、燻蒸(くんじょう)までを体験し、地域の特産品である干し柿について学びを深めた。

 同校では、郷土食に興味を持ち地域で大事にしている産業について理解を深めてもらうことを目的に、毎年4年生が体験している。児童らはこれまで干し柿の作り方や、町の特産品「市田柿」特有の白い粉について学んできた。

 この日は市田柿づくりの指導に公民館やJAみなみ信州の職員、作業の支援に町社会教育委員と児童の保護者らが駆け付けた。手順の説明を受け、体育館に敷いたビニールシートの上でクラスごとに作業を開始。ピーラーの使い方を教わりながら、校内で収穫した柿の皮を一つ一つ丁寧にむいた。

 両手に柿を持った児童らは屋外の柿干場へ向かい、木の棒にすだれ状にくくり付けられた柿クリップへ、1本につき10個ずつ柿をつるした。最初は慎重に柿をつるしていた児童らも少しずつコツをつかみ、柿の香りも楽しみながら20分ほどで約70本のひもから成る「柿すだれ」を完成させた。

 手際よく柿をクリップに留めていた男子児童(10)は「皮をむくのは、最初はむずかしいと思ったけど、やっているうちに簡単にできるようになった」と笑顔を見せた。

 児童らの活動を見守っていた袖山秀明校長(57)は「関係者の皆さまのおかげで、地元の特産品である干し柿作りの貴重な体験でき、感謝している。本校では『地域を知る』ことを大切にしている。今回の学習で高森の良さを一層感じられたと思う」と話していた。

 燻蒸を終えた柿は約1カ月間校内につるし、出来上がった干し柿は児童らが家に持ち帰って味わう予定。

◎写真説明:むいた柿をつるす児童(高森南小で)

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

創作神楽でコロナばらい

11月30日月曜日16:20

誇れる文化を毎年発信

11月30日月曜日16:09

県内駅の構造物明らかに

11月28日土曜日14:40

災害想定し避難所開設

11月28日土曜日14:10

シトラスリボンに賛同を

11月27日金曜日15:09

全町民対象に検査補助へ

11月27日金曜日15:00

適切な除雪で交通確保

11月26日木曜日16:50

働く先輩の声に夢膨らむ

11月26日木曜日16:08

12月13日に旗揚げ公演

11月25日水曜日15:14

開かれた場で議論「大切に」

11月25日水曜日15:30

新店舗の詳細検討へ協定

11月24日火曜日15:10

新野の雪祭り 21年は中止

11月24日火曜日15:46

地域を豊かにする地産地消を

11月23日月曜日13:21

研究活動への眼差し広め

11月23日月曜日13:08

先輩の体験談 職業身近に

11月21日土曜日13:55








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞