地域の特産品を知ろう

学校・教育

[ 2020年 10月 30日 金曜日 15時20分 ]

 高森南小学校の4年生111人は28日、町の特産品である干し柿づくりに挑戦した。校内で柿の皮むきからつるし、燻蒸(くんじょう)までを体験し、地域の特産品である干し柿について学びを深めた。

 同校では、郷土食に興味を持ち地域で大事にしている産業について理解を深めてもらうことを目的に、毎年4年生が体験している。児童らはこれまで干し柿の作り方や、町の特産品「市田柿」特有の白い粉について学んできた。

 この日は市田柿づくりの指導に公民館やJAみなみ信州の職員、作業の支援に町社会教育委員と児童の保護者らが駆け付けた。手順の説明を受け、体育館に敷いたビニールシートの上でクラスごとに作業を開始。ピーラーの使い方を教わりながら、校内で収穫した柿の皮を一つ一つ丁寧にむいた。

 両手に柿を持った児童らは屋外の柿干場へ向かい、木の棒にすだれ状にくくり付けられた柿クリップへ、1本につき10個ずつ柿をつるした。最初は慎重に柿をつるしていた児童らも少しずつコツをつかみ、柿の香りも楽しみながら20分ほどで約70本のひもから成る「柿すだれ」を完成させた。

 手際よく柿をクリップに留めていた男子児童(10)は「皮をむくのは、最初はむずかしいと思ったけど、やっているうちに簡単にできるようになった」と笑顔を見せた。

 児童らの活動を見守っていた袖山秀明校長(57)は「関係者の皆さまのおかげで、地元の特産品である干し柿作りの貴重な体験でき、感謝している。本校では『地域を知る』ことを大切にしている。今回の学習で高森の良さを一層感じられたと思う」と話していた。

 燻蒸を終えた柿は約1カ月間校内につるし、出来上がった干し柿は児童らが家に持ち帰って味わう予定。

◎写真説明:むいた柿をつるす児童(高森南小で)

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

震災から10年振り返る

3月8日月曜日15:23

高校生が鳥居を製作

3月8日月曜日15:13

3カ月ぶり水しぶき

3月6日土曜日14:54

「願いかなえてさくら咲け」

3月6日土曜日13:58

コミュニティスクール発足

3月5日金曜日15:54

ICTによる貢献誓う

3月5日金曜日15:28

演劇通じコミュニケーション

3月4日木曜日15:56

「駅前プラザ」(仮称)イメージ示す

3月4日木曜日15:34

「森林環境教育の模範」

3月3日水曜日15:56

安全に遊べるおもちゃを

3月3日水曜日15:40

ロボコンで全国優勝

3月2日火曜日15:14

学びを糧に新たな進路へ

3月2日火曜日15:58

遠山郷の可能性探る

3月1日月曜日15:35

走って火災予防啓発

3月1日月曜日15:58

知財活用表彰で大賞受賞

2月27日土曜日13:19










記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞