売木村で山留の中学生が田植え

学校・教育

[ 2012年 5月 23日 水曜日 15時58分 ]

 売木村の山村留学「売木学園」の中学生6人がこのほど、村中心部の交流センターぶなの木近くの田んぼで田植えを行った。生徒たちにとって、いずれも初めての田植え。泥だらけになりながら、のどかな農作業を楽しんだ。

 田んぼに集まった山村留学生は、機械植えと手植えの両方に挑戦した。まず行った機械植えでは歩きづらい泥の中をまっすぐに進めるのに一苦労。半分ほどを植えた後、残りを手植え。松村増登村長や小野田昭義教育長らも加わり、2時間ほどかけて植えきった。

 千葉県から来ている売木中2年の女子生徒は「売木は星がきれいで素敵なところ。田んぼは最初、泥が気持ち悪かったけど、あったかくていいかな」と話す。東京都から来た売木中2年の男子生徒は「学校まで歩くのが大変だけど自然がきれい。みんなやさしくしてくれる」と話していた。

 同村の山村留学は昨年度まで財団法人育てる会により運営されてきたが、村が積極的に関わろうと今年度から村教育委員会が実施主体となった。都会からの中学生6人が4月から1年間、共同生活や農家でのホームステイで山里の暮らしを体験する。

 農作業や釣り、アウトドアの体験などもあり、このうち農業では田んぼのほか、各生徒が1畝(うね)5メートルを自分の畑として使い、好きな野菜を栽培している。

 昨年度までは山村留学センターのある岩倉周辺の田んぼを借りていたが、今年度から活動のエリアを拡大。センター近隣だけでなくより多くの住民に見てもらおうとねらう。

 子どもたちと一緒に田植えを行った松村村長は「これまでも多くの村民に支えてもらっているが、活動のエリアを広げたことで、近隣だけでなく村中の皆さんに山村留学生の活動を見ていただけるのでは」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

阿南町で化石発掘体験イベント

7月17日火曜日15:21

飯田の焼き肉を東京から発信 新宿にオープンした飯田屋好評

7月17日火曜日15:09

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34

人形劇のまち40年① 地元に密着した祭典を フェスタ実行委員長の原田雅弘さん

7月11日水曜日16:37

売木村 村制70周年で記念式典 原風景残し発展誓う

7月11日水曜日15:52

収穫、出荷が本格化 天龍村のていざなす

7月11日水曜日15:26

100回目の夏が幕開け 飯伊球児も堂々と行進 高校野球長野大会

7月10日火曜日15:24