売木村 阿南町へ中学校統合方針示す

学校・教育

[ 2011年 4月 24日 日曜日 19時09分 ]

 売木村の松村増登村長は22日、売木小中学校PTA総会の席上、複式学級化が懸念される売木中学校について、2013年度を目途に阿南町へ教育事務委託をし、阿南町立阿南第二中学校へ統合する考えを示した。

 同村は中学校の生徒数減少のため、来年度以降中学校の複式学級化が懸念されている。村は06年から学校運営研究委員会(松村束男委員長)に諮問して保護者やPTAを交えて協議を重ね、昨年3月に▽小学校は地域の学校として存続▽12年を目途に阿南第二中学校への統合を検討、阿南町へ働きかける―との答申を受けた。答申では「中学校の複式学級は教員3人減員されるので絶対に避けるべき」としている。

 PTA総会で中山英二会長は、昨年度阿南二中の野球部と同一チームで中体連に出場できたことを喜び、前年度の会長に感謝。また、学校運営研究委員会の答申が出てから1年余り進展のない村の対応を批判。「来年度の複式学級は回避できるのか。これからの子どもたちに教育条件の低下がないよう、切にお願いしたい」と訴えた。

 松村村長は村長の方針として▽小学校の村単独運営は継続▽中学校は13年度を目途に阿南町へ教育事務を委託し阿南二中へ統合▽山村留学事業は継続―の3つを示した。今後PTAの意向調査を行い、6月議会で議会の了承を得た後、阿南町へ中学校の教育事務委託を申し入れる方針だ。

 来年度の中学校生徒数は山村留学を考慮しなければ複式学級の人数になってしまうが、村と村教育委員会は「来年度は県とも相談し、教員の加配措置を行って複式学級を回避させる」としている。同村中心部から阿南二中への距離は約4キロ、村西部の岩倉地区からは約8キロ。統合した場合はスクールバスを運行する予定だ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

高温で良質な竹炭を

1月28日木曜日15:53

不満の声「市政に反映を」

1月28日木曜日15:30

町の魅力をVRで発信

1月27日水曜日15:40

個人消費の喚起策を

1月27日水曜日15:35

地元業者から提案も

1月26日火曜日15:34

西洋料理を気軽に

1月26日火曜日15:23

352人分採取し「全て陰性」

1月25日月曜日16:13

10年の歩み振り返り展望

1月25日月曜日15:50

対話重視し新たな村政へ

1月25日月曜日14:23

弓道クが全国で5位に

1月23日土曜日13:14

職員と村民に感謝

1月23日土曜日13:37

特産「竜峡小梅」が開花

1月22日金曜日15:42

仮設道路の通行「大丈夫」

1月22日金曜日15:23

高齢者の感染拡大懸念

1月21日木曜日15:51

集中できる学習の場を

1月21日木曜日15:43








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞