夏休み考古博工房 家族で古代の技を体験

学校・教育

[ 2012年 8月 18日 土曜日 13時20分 ]

 飯田市上郷別府の上郷考古博物館は16日、古代の技術を使ってもの作りに挑戦する、夏休み考古博工房「古代のわざにチャレンジ!!」を行った。家族連れら約50人が訪れ、勾玉や石器、土器の拓本作りなどを楽しんだ。

 子どもたちに古代の歴史を楽しく学んでもらおうと、毎年夏休みの時期に開催している体験教室。古代の技術を使ってものづくりに挑戦する6講座を開いた。

 滑石を紙やすりでみがいて作る「勾玉づくり」、本物の土器片を使って墨で拓本をとる「土器の拓本づくり」、粘土でさまざまな形を作って縄文模様を付ける「縄文もようの小物づくり」など。

 青森県の三内丸山遺跡から出土した籠状のふくろに見られる「網代(あじろ)編(あ)み」を体験する「編んだり織ったりマットつくり」では、子どもたちが職員に編み方を教わりながら、クラフトテープとひもを使ってマット作り。飯田下伊那地域で出土する「有肩扇状形石器」を再現しようと、天竜川で採れた石を使ってたたいて加工し、石器作りを体験する講座もあった。

 家族と何度も参加しているという伊賀良小学校6年の男子児童は、ことしは石器作りに挑戦。「石が硬くて形を整えるのが大変だったけど、上手に草を切れたのでうまくいった」と、満足げ。講座の後は館内の展示資料を見学して楽しんでいた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

先輩移住者との交流も

2月25日火曜日15:39

牧野氏が市長選に立候補の意向表明

2月25日火曜日15:33

愛称は「渋谷りんごパーク」

2月24日月曜日14:16

3日間の窯たきまっとう

2月24日月曜日14:34

好例を課題解決の糸口に

2月22日土曜日14:50

「2020」本達成に笑顔咲く

2月22日土曜日14:49

拳銃置き忘れる

2月21日金曜日15:01

「今年も来てね!」と願い込め

2月21日金曜日15:06

「伝える」「伝わる」喜び体感

2月20日木曜日15:30

「天龍峡大橋」パズルに

2月20日木曜日15:54

農泊事業に新たな風を

2月19日水曜日15:12

はんてん贈り続けて30年

2月19日水曜日15:47

保護者の率直な思い聞く

2月18日火曜日15:38

飯田市予算案20年度458億円

2月18日火曜日15:58

129チームがたすきつなぐ

2月17日月曜日15:51








記事の検索はこちらから














スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞