多世代が味わえるものに

学校・教育

[ 2020年 2月 29日 土曜日 14時28分 ]

 飯田女子短期大学家政学科食物栄養専攻2年生5人と、洋菓子店「tutui(ツツイ)」(高森町)が共同開発した「ホロロンクッキー」が2月29日、発売された。幅広い世代に味わってもらおうと、きな粉やほうじ茶、くるみなどを使った焼き菓子。前日28日、同市松尾代田の同短大で記者発表を行った。

 地元企業・事業所と連携しながら加工食品の企画立案、商品作成、ネーミングといった商品開発の過程を学ぶ、食品開発実習の授業の一環。本年度はクッキーを含め、4カ所と計5品を開発した。

 クッキーは、学生37人が8班に分かれて1つずつ考案した焼き菓子の中から、ツツイ店主の筒井清香さん(37)が選んで商品化したもの。米粉ときな粉をメインに使用した生地に、ほうじ茶と細かく砕いたくるみを加え、優しい味わいのクッキーに仕上げた。

 子どもから高齢者まで、誰でも安心して食べてもらえるものを―と、軟らかく崩れるような食感のクッキーを目指した。

 筒井さんは「幅広い世代に味わってもらいたいという、学生さんの思いや食感に近づけるものにしようと、グルテンフリーを意識して米粉やきな粉をメインに使い、ほろっとした食感にした」と語った。

 クッキーを発案した班の今村寿々乃(すずの)さん(20)は「最初自分たちで作った時に、ほろほろした感じを出すのが難しかった。ツツイさんに作ってもらったものは口どけがなめらかで、夏に冷やして食べても楽しめると思う。体にもいいクッキーに仕上げてもらった」と話していた。

 クッキーは同店で予約販売するほか、オンラインストアで取り扱っている。

◎写真説明:短大生とツツイがクッキーを共同開発

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

地元産の安全な野菜を

4月8日水曜日17:35

テイクアウト情報を発信

4月8日水曜日17:31

阿智村昼神温泉郷のハナモモが見ごろ

4月7日火曜日16:11

現新の前哨戦 熱帯び始め

4月7日火曜日16:09

青空の下 桜満開

4月6日月曜日16:20

自然感じる憩いの場に

4月6日月曜日15:09

「根羽学園」が開校

4月4日土曜日14:23

名桜巡り「少しでも和んで」

4月4日土曜日14:47

夢へ「一歩」踏み出す

4月3日金曜日15:02

カタクリが見ごろ

4月3日金曜日15:00

訪問看護ステーション開設

4月2日木曜日15:05

ピカピカの1年生が祈願

4月2日木曜日15:24

佐藤氏が出馬正式表明

4月1日水曜日16:56

さらしでマスクづくり

4月1日水曜日16:25

「プール開き」へ清掃に汗

3月31日火曜日15:22








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞