大下条小でペットボトルボート制作

学校・教育

[ 2012年 7月 21日 土曜日 10時13分 ]

大下条小ペットボトル舟 阿南町立大下条小学校2年生は19日、参観日にあわせ、ペットボトルを材料に親子で制作したボートをプールに浮かべた。予想以上に頑丈なボートになり、クラス19人全員が乗っても沈まないほど。訪れた保護者たちも子どもたちの挑戦に目を細めていた。

 

 同学年は児童の発案でペットボトルでのボート作りを計画。大量に2リットルペットボトルが必要なことから、ポスターを制作し全校から募ったほか、商店などに掲示して町内全域から協力を募った。新野の千石平ロードレースの給水所で使った空のペットボトルも提供されたという。

 

 集まったペットボトルは400個余り。児童たちは2―4個ずつまとめてブロックを作り、親子のレクレーションを利用して保護者と一緒にボートの形に仕上げた。大きさは幅1・5メートル、長さ3メートルほど。手作りのオールやフライパンのいかり、帆などを加えて完成させた。

 

 児童たちはボートがプールに浮かぶと歓声を上げて大喜び。6―8人ずつ乗り込んで「前へ進め」「右に曲がれ」などと合図に合わせてオールをこぎ、プールを一周。どのくらい人が乗れるか試したところ、19人のクラス全員が乗っても大丈夫だった。

 

 保護者代表の女性は「子どもたちが一生懸命ペットボトルを集めていた。つくりが心配だったけどこんなにしっかりできるなんて」と驚いた様子。同校の教頭は「児童が自分たちで目標を掲げ、全校や町内、保護者へ協力の輪を広げて実現させた。舟をつくることを通じていろんな学びがあった」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        


南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu



記事の検索はこちらから







webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事