天龍中、村産ヒノキで看板作り 3年生が卒業記念に

学校・教育

[ 2017年 1月 31日 火曜日 15時04分 ]

かんな掛けに挑戦する天龍村の児童や生徒たち

 天龍村の天龍中学校3年生5人が、卒業記念に村産のヒノキを使った看板製作に取り組んでいる。小学校と合わせて計4枚作り、書家で前村長の大平巌さんに「卒業証書授与式」「入学式」と揮毫(きごう)してもらい完成させる。30日は生徒らがかんな掛け作業に励んだ。

 村誕生60周年記念事業と位置付ける中学校の取り組み。木を切り出して加工し、書を入れるなどして作る木工を趣味としてきた同村大河原地区の竹田保彦さん(89)が、以前に製材した樹齢70年のヒノキ板を同校に寄贈した。

 生徒たちは昨年夏ごろから取り組みを開始し、大きな板をのこぎりで縦170センチ、幅50センチほどに切って調節し、やすりやかんな掛けを行って段差をなくす作業に励んできた。

 この日は生徒5人に加え、来年同中に入学する天龍小6年生2人も参加して大詰めを迎えた。生徒が板を抑え、児童にかんなの掛け方を優しく教えると、同小の中島茉緒さん(12)は「初めてで難しいけど、先輩の卒業記念に加われてうれしい」と話した。同中の宮澤聖奈さん(15)は「自分たちで作った看板で卒業式を迎えられる。小学生にも知ってもらい、代々引き継いで活用してもらえれば」と語った。

 6日に大平前村長に墨を入れてもらい、その後数回のコーティング作業を施して完成させる。うち2枚は小学校に寄贈し、両校の卒業式や入学式で校内に掲げる予定だ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

お盆に大人の第一歩を 下伊那7会場で成人式

8月15日水曜日13:39

阿南町「新野の盆踊り」幕開け 3夜連続踊り明かす

8月15日水曜日13:19

りんご並木周辺で歩行者天国イベント

8月14日火曜日13:01

阿南町で和合の念仏踊り始まる

8月14日火曜日13:03

飯田で国際会議が開幕 人形劇のAVIAMA総会 アジアで初開催

8月11日土曜日14:00

泰阜村 松島村政6期24年に幕 拍手に包まれ笑顔で退任 

8月11日土曜日14:49

総文祭 飯田女子高で人形劇部門開催 人形で巧みに心情表現

8月10日金曜日16:14

「シャルルヴィル・メジェール通り」命名式 飯田市が友好都市30周年記念し

8月10日金曜日15:30

飯田と友好提携30周年 仏シャルルヴィル・メジェール市長が来訪

8月9日木曜日16:52

待望施設の開業祝う 大鹿村道の駅「歌舞伎の里 大鹿」

8月9日木曜日16:48

新棟建設へ協力募る 修学旅行受入れ視野に 満蒙開拓平和記念館

8月9日木曜日15:49

激戦地で平和を願う 阿智村の小中学生が沖縄訪問

8月8日水曜日15:29

健常者にない表現力を 5施設がアートで交流

8月8日水曜日15:20

水中の世界繰り広げ 巨大人形劇「さんしょううお」公演

8月7日火曜日15:44

6日に飯田で観測史上最高37.7度 夜に大雨、降ひょう被害も

8月7日火曜日15:01