天龍中がプール開き、県内トップで泳ぎ初め

学校・教育

[ 2016年 4月 28日 木曜日 16時20分 ]

天龍中プール開き 飯田下伊那に初夏の訪れを告げる風物詩、天龍村立天龍中学校(田本忍校長)のプール開きが27日、行われた。かつて「水泳天龍」の名を轟かせた同校水泳部員はことし1人だが、全校生徒で伝統を受け継いでいく。

 

 県の南端に位置し、最も早く気温が上昇する同村。この日の正午の気温は21度、プールの水温は22度。プール開きでシーズン中の安全を祈願するとともに泳力向上を決意し、本年度の部活動や水泳学習のスタートを切る。

 

 3年生の生徒代表(15)が「40年の伝統こそ天龍中の水泳。自己の記録と戦い、自信につなげ、楽しく充実した水泳をしたい」とプールに寄せる思いを語ると、2年生で唯一の水泳部員(13)や3年全4人と教諭が合図とともに水しぶきを上げて泳ぎ初めした。

 

 屋外プールを長期間利用できるという地の利を生かして活躍し、かつて県内全域にその名を知らしめた同校水泳部。屋内プールの普及や部員数の減少に伴い、2012年に部員がいなくなり一時休部した。13年に新入生だった現水泳部員の兄が入部して復活し、現在は兄の思いを受け継いで弟が練習に励んでいる。

 

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        


南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu







webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事
南信州飯田観光ガイド2016秋・冬号