天龍中で初夏の風物詩プール開き

学校・教育

[ 2013年 5月 24日 金曜日 15時44分 ]

 飯田下伊那に初夏の訪れを告げる風物詩、天龍村立天龍中学校(大澤徹校長、14人)のプール開きが22日、行われた。同校伝統の水泳部は昨年の3年生引退以降、休部状態になったが、4月から新1年生1人が入部して復活。水泳天龍の伝統を守り練習に励んでいく。

 県の南端に位置し、最も早く気温が上昇する同村。平岡の同校は毎年4月、他校に先駆けてプール開きを行っているが、ことしは1カ月ほど遅れての開催となった。

 全校生徒参加で開かれたプール開きでは、3年の女子生徒が「このプールで泳ぐのはことしが最後。1時間1時間大切にしていきたい」と思いを語った。続いて生徒会長が大澤校長とともにプールを清め、3年の男子生徒がが唯一の水泳部員の1年生に「天中水泳部の誇りと自信を持って挑んでほしい」とエールを送った。3年生3人が泳ぎ初めを行った。

 同校の水泳部は1976年に部員20人で発足。温暖で長期間利用できるプールを武器にかつては県内屈指の強豪校として「水泳天龍」の名をとどろかせた。現在もその歴史を受け継ごうと学校を挙げて、プール開きなどの行事を大切にしている。

 ことし唯一の水泳部員となった1年の男子生徒は、転任した教諭からの「水泳部をよろしくお願いします」との手紙をきっかけに「水泳天龍の伝統を守りたい」と入部を決意した。「たった一人ではプールの掃除もできなくて困ってしまうけど、全校のみんなで手伝ってくれるので練習ができる。天龍中で一番早く泳げるようになりたい」と話していた。プールは同日以降、水泳部が練習で利用。6月以降は体育の授業で利用していく。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

車上検査の実演を公開

5月27日水曜日15:40

実付き良好 笑顔広がる

5月27日水曜日15:22

天龍中で待望の「泳ぎ初め」

5月26日火曜日15:50

地域の貴重な植物守ろう

5月26日火曜日15:42

小中学校が「一斉登校」再開

5月25日月曜日15:43

「外来・検査センター」開設

5月25日月曜日15:38

飯伊でもマスク需要変化

5月23日土曜日14:17

平谷シニアも作業

5月23日土曜日13:55

音楽文化どう守るか

5月22日金曜日15:50

ヤギで「除草」「動物園」

5月22日金曜日15:55

影響受ける地元事業者支援

5月21日木曜日15:08

おいしいメンマ期待し

5月21日木曜日15:32

地元シードル「より大勢に」

5月20日水曜日15:15

コロナに負けず頑張ろう

5月20日水曜日15:42

全業種対象に給付金

5月19日火曜日15:08








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞