天龍小みどりの少年団が巣箱づくり

学校・教育

[ 2014年 4月 10日 木曜日 9時15分 ]

 天龍村立天龍小学校(林武司校長)のみどりの少年団を構成する高学年生16人が9日、5月に飛来してくる渡り鳥ブッポウソウの巣箱づくりを行った。手作りで31個を作成。12日に天竜川に架かる橋や山林などに設置し、村鳥に指定されているブッポウソウの営巣、繁殖を手助けする。

 東南アジアから渡ってくるブッポウソウの保護を目的に、1998(平成10)年から毎年実施。ことしもみどりの少年団の活動の一環として、4―6年生が作業をした。

 最初に飯伊森林組合の瀧澤一登さんが「1組でも多くの番が入るよう頑張って作ろう」と呼び掛け、作り方を指導。児童たちは2人一組に分かれ、同組合や下伊那地方事務所、村などの職員から手ほどきを受けて工作した。

 6枚の板を組み合わせ、交代でくぎを打ったり、抑えたり。慣れない作業に戸惑いながらも、協力しながらコツコツと進めた。

 1人2個ずつをつくり、4時間ほどで直径10センチの巣穴が開いた43センチ×20センチ×20センチの巣箱31個が完成。村民らの要望を受けて、新たに止まり木を据え付けたものも作った。

 ブッポウソウは天龍村の村鳥で、県の特別天然記念物にも指定されている希少種。例年、5月中旬に同村に渡り、各地の巣箱などで営巣する。

 金緑色に輝く姿が特徴で、生徒たちは毎年、飛来した直後から観察を行い、渡り去った後には巣箱を集めて鳥の繁殖状況などを調査している。

 5年生の女子児童は「くぎが曲がっちゃったりして難しかった。ことしもたくさんの卵がかえってほしい」と話していた。

 少年団はこの他、学校近くの森林でシイタケの駒打ち作業も体験した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

伊那山地「戸中」今夏着工へ

2月27日木曜日15:07

飯田市がコロナウイルス対策本部設置

2月27日木曜日15:13

新型肺炎影響受け「また交流しようね」

2月26日水曜日15:29

県がコロナウイルスで基本方針策定

2月26日水曜日15:23

先輩移住者との交流も

2月25日火曜日15:39

牧野氏が市長選に立候補の意向表明

2月25日火曜日15:33

愛称は「渋谷りんごパーク」

2月24日月曜日14:16

3日間の窯たきまっとう

2月24日月曜日14:34

好例を課題解決の糸口に

2月22日土曜日14:50

「2020」本達成に笑顔咲く

2月22日土曜日14:49

拳銃置き忘れる

2月21日金曜日15:01

「今年も来てね!」と願い込め

2月21日金曜日15:06

「伝える」「伝わる」喜び体感

2月20日木曜日15:30

「天龍峡大橋」パズルに

2月20日木曜日15:54

農泊事業に新たな風を

2月19日水曜日15:12








記事の検索はこちらから














スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞