天龍村 どんぐり学園の中学生がスギの製材に挑戦

学校・教育

[ 2010年 1月 30日 土曜日 10時49分 ]

 天龍村向方の学校法人「どんぐり向方学園」(中野昌俊学園長)はこのほど、校庭で製材体験を行った。村所有の簡易移動製材機を用い、2日間かけてスギの丸太20本を角材にした。

 「自ら動く子を目指して」を学校目標に掲げ、農業や林業、自然体験、地元住民との触れ合いなどを通じて「生きる力」の養成に努めている同校。村の伝統的産業の林業についても、間伐などを通じて体験を重ねている。

 製材体験は今回が3回目。中学生12人が参加し、農林業体験指導員の村松俊さんの指導で作業を進めた。

 昨年末に切り出した長さ2メートル、直径30―50センチのスギの丸太を同機にかけて削り、角材や板材にした。

 先端と根本で太さが異なるため、中間の直径を考慮して作業。最初は戸惑っていた生徒たちだが、時間とともに慣れ、少しずつペースを上げていった。

 つくった角材や板材は、3年生の6人が卒業制作の素材として活用する。生活をしている寮の看板をつくる予定で、3月まで製作を続ける。

 同校は「村ならではの林業を学び、生徒たちは本物の体験ができている。今後もさまざまな体験や経験を通じ、自ら動き、考える生徒を養っていきたい」としている。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

町の魅力をVRで発信

1月27日水曜日15:40

個人消費の喚起策を

1月27日水曜日15:35

地元業者から提案も

1月26日火曜日15:34

西洋料理を気軽に

1月26日火曜日15:23

352人分採取し「全て陰性」

1月25日月曜日16:13

10年の歩み振り返り展望

1月25日月曜日15:50

対話重視し新たな村政へ

1月25日月曜日14:23

弓道クが全国で5位に

1月23日土曜日13:14

職員と村民に感謝

1月23日土曜日13:37

特産「竜峡小梅」が開花

1月22日金曜日15:42

仮設道路の通行「大丈夫」

1月22日金曜日15:23

高齢者の感染拡大懸念

1月21日木曜日15:51

集中できる学習の場を

1月21日木曜日15:43

「対話通じて前へ進む」

1月20日水曜日15:03

「成り木責め」豊作願う

1月20日水曜日15:29








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞