天龍村どんぐり学園が味噌づくり

学校・教育

[ 2016年 2月 20日 土曜日 8時16分 ]

 天龍村向方のどんぐり向方学園の小中学生14人が18日、校内で味噌づくりを体験した。自分たちで栽培した大豆を素材に、近隣住民から借りた装置などを使ってつぶし、塩やこうじと混ぜ合わせた。

 学校発足当時から続けている恒例の食育活動の一つ。ことしも学校近くの畑で栽培した10キロ超の大豆を使った。

 大鍋に入れて約3時間煮た後、作業を本格化させた。

 手動の大豆潰し機に豆を入れると、生徒たちは順にハンドルを握ってぐるぐる回し、ミンチ状になって出てくる大豆を大きなたらいで集めた。

 こうじや塩と混ぜる作業では、「しっかり混ぜないと、発酵が行き届かない」ことなどを学びながら、手作業で丁寧に混ぜ合わせた。

 樽に入れて2―3カ月ほど寝かせて発酵を待ち、春から給食の味噌汁などに使って食べる。

 初めて体験したという小学校5年の男子児童(11)は「大豆栽培も味噌づくりも初めてだったが、とても楽しくできた」と話していた。

 「自ら動く子を目指して」の学校目標の下、農業や自然体験、地元住民との触れ合いを通じて「生きる力」を培う教育を進めている同学園。味噌づくりも、毎年恒例の行事として定着している。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

ギネス記録更新へ

2月24日水曜日16:50

「難局乗り切る」姿勢強調

2月24日水曜日15:16

流通システム構築し好循環

2月23日火曜日13:58

地域の力で竹林整備を

2月23日火曜日13:35

心一つにつながる音楽祭に

2月22日月曜日15:00

観光軸に広域連携を

2月22日月曜日15:47

下農高「校友会」が大賞

2月20日土曜日13:13

現新23人が出馬準備

2月20日土曜日13:42

ブロックごと体制構築

2月19日金曜日15:51

小黒川導水路トンネルが貫通

2月19日金曜日15:44

3団体がプロモ成果報告

2月18日木曜日15:28

137人・46社が参加

2月18日木曜日15:51

移住促進を一体的に

2月17日水曜日15:12

飯田市予算案21年度474億円

2月17日水曜日15:01

移住や広域観光で連携

2月16日火曜日15:23










記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞