寄贈された炭も混入、ことし最後の並木作業

学校・教育

[ 2009年 12月 7日 月曜日 15時14分 ]

 飯田市立飯田東中学校(北澤明校長)の全校生徒約250人とりんご並木後援会は4日、ことし最後となるりんご並木の施肥作業を行った。

 8月の飯田りんごんで初めて取り組んだカーボン・オフセットで得た協力金で寄贈された炭も土の中に砕いて入れるなど、整地、土壌改良作業に汗を流した。

 排出したCO2を他の場所で埋め合わせ(オフセット)する取り組みで得た協力金をもとに、同まつり実行委員会が千代の森を守る会から炭約80キロを購入。先日、同中学に「土壌改良に役立てて」と寄贈した。

 この日は施肥作業として、スコップで土を掘り起こし、化学肥料を混入したほか、破砕した墨を並木全体に均等に入れ込んだ。合わせて除草作業も行い、来年の豊作に備えた。2年生の星沢彩華さん(14)は「来年から3年生として、しっかり並木を守っていきたい」と意気込みを語った。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

11月29日は飯田焼肉の日

10月29日木曜日15:26

「村づくりの目途ついた」

10月29日木曜日15:03

「新しい飯田市を一緒に」

10月28日水曜日15:16

天竜川橋梁年内着工へ

10月28日水曜日15:15

「おいしいメンマいかが」

10月27日火曜日15:21

職員を激励「つながり大切に」

10月27日火曜日15:15

晴天の下大にぎわい

10月26日月曜日15:33

三菱重工業がスペースジェット凍結へ

10月26日月曜日15:31

コロナ禍で修学旅行増

10月24日土曜日13:16

5カ国の醸造所とコラボ

10月24日土曜日13:42

間伐材利用で「布」作り

10月23日金曜日15:48

歴史や文化学び絆つくる

10月23日金曜日15:59

安全安心な観光アピール

10月22日木曜日15:31

3年上田さんが県大会優勝

10月22日木曜日15:21

「災害時にどう手助けする」

10月21日水曜日15:43








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞