富草小児童がダイコンの収穫体験

学校・教育

[ 2012年 11月 2日 金曜日 9時03分 ]

 阿南町立富草小学校(両角啓子校長、70人)は1日、同町鴨目地籍の化石の里直販組合(林茂人代表)の農場でダイコンの収穫を行った。

 富草地区はミネラル分豊富な古代海底の地層「第三紀層」の土壌があり、おいしい野菜が収穫できる。特にダイコンは「三紀層フルーツ大根」としてブランド化されている。

 同農場でのダイコン栽培体験は作業を通じて地元食材や食べ物、生産者の努力に関心を持ってもらおうと町給食センターの呼び掛けで実施。ことしは富草小学校のみが参加。9月に全校児童で種まきを行った。

 ことしは種まきの時期に雨が少なかったものの後半にきて持ち直し、従来通りのできになったという。従来の「耐病総太り」だけでなく早稲種の「くらま」も栽培。耐病総太りが果物のようにジューシーで甘味があるのに対し、くらまは身がしっかりとして辛味がある。

 この日は早稲種のくらまを収穫。畑を訪れた子どもたちがダイコンの葉をつかんで引っ張ると大きなダイコンが顔を出した。収穫したダイコンは土を落として洗い、1人1本ずつ持ち帰った。

 6年の男子児童らは「短い期間でこんなに大きくなるなんて」、「ここのダイコンは普通のより甘くておいしい」と話していた。

 同畑のダイコンは学校給食に利用されるほか、国道151号沿いの化石の里直売所(土・日曜のみ)とJA富草店でも販売する。収穫は12月中旬ごろまで続けられる。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

水枯れ、残土に懸念の声 リニア青木川工区 大鹿村で説明会

9月22日土曜日14:13

中山間地の魅力探る 三穂で学生が地域へ提言

9月22日土曜日14:42

泰阜分村の跡地訪ねる 飯田日中友好協会が中国訪問 孤児の身元調査も

9月21日金曜日15:47

母親殺害の疑いで娘を再逮捕 飯田市羽場坂町

9月21日金曜日14:37

かぶちゃん農園の整理解雇受け従業員支援へ 飯田職安が28日に説明会

9月20日木曜日15:57

斜面彩る7万株見頃に 松川町嶺岳寺のヒガンバナ

9月20日木曜日15:58

かぶちゃん農園が社員を解雇へ ケフィア破産、主要販路断たれた影響か

9月19日水曜日15:22

ひとみ座が実演やトーク 川本美術館で「ひょっこりひょうたん島」展

9月19日水曜日15:32

2年ぶり豊作に期待 マツタケの店頭販売始まる

9月18日火曜日15:10

特殊詐欺被害を“ブロック” バレー元全日本の大山さん一日署長

9月18日火曜日15:38

多彩な職業、魅力に迫る 「お仕事キッズタウン」に1000人

9月17日月曜日13:38

新野の行人様ご開帳 鉄下駄レースで絆深める 阿南町

9月17日月曜日13:06

Iターンで平谷にカフェオープン

9月15日土曜日13:26

自殺対策の推進促すキャラバン

9月15日土曜日13:24

園原に3万株のヒガンバナ 24日白蛇縁日で見頃に 特別御朱印も 

9月14日金曜日15:10